Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"
第98回 ムンガイのポケットチーフ

2016.7.26
2016.7.26

最上級リネンの風合いを お楽しみください!

刺繍が有名なフィレンツェ近郊の街、ビストイア。この地で100年ほど前から貴族や裕福な人たちが使うタオルやベッドリネンをつくり続けてきたのがムンガイです。ここのFazzolettini Artigianale(手づくりハンカチ)は、昔は本当に限られた人の間でしか知られていなかったそうです。それがいまや、ここ日本でも買えるのですから、幸運な時代に生まれたことを感謝します(笑)。

僕がムンガイと出合ったのは、かれこれ15年ぐらい前でしょうか。スーツやジャケットを着る機会が多く、さまざまなポケットチーフを購入してきましたが、結局のところ使い勝手がいちばんいいのは白だと気がつきまして……。確かストラスブルゴで買ったと記憶しています。サイズは36×36センチ。すごく上質なリネン製で、吸水性にも優れています。あまりにも“使える”んで、いまは3枚をローテーション中です。

リネンというと、ハリがあってたたみにくいんじゃないかとか、フォーマルになり過ぎないかといったご心配もあるでしょうが、そんなことはありません。ムンガイのリネンチーフは、手触りがとても柔らかいんです。あと、端はすべて手で巻き縫いしているところも特徴のひとつ。すごく手が込んでいますよね。

僕は、通常のビジネスシーンではTVフォールドに、新製品の発表会とか展示会のときはTVフォールドを少しくずした感じで挿しています。ただ、パーティなどの華やかなシーンはクラッシュスタイルで。一枚で何通りにも使えるのがいいんですよ。

そういえば、10年前にトッズの会長のディエゴ・デッラ・ヴァッレ会長兼CEOにインタヴューした際に、ディエゴさんが白のリネンチーフをまるで王冠みたいな形にして挿しているのを見て、自分でも真似してみたんですが、なかなかうまくできなくて……(失笑)。すごく独特なんですよ。あんなふうに適当というか、無造作なのにすごくカッコよく見えるスタイルのある男性にはやっぱり憧れますね。

ムンガイのポケットチーフは、家で洗濯していつも白さをキープすることも重要。洗ったらアイロン掛けも忘れません。ぜひ、皆さんも試してみてください!

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP