Web magazine for smart 40's

TOP > BLOG > BLOG
FOOD

食道楽バンザイ! 腰を痛めてチンゲン炒めのレシピ

2016.11.7
Page 1/18

11.7(月)

こんにちは。膝毛のナオキーノです。

最近、親愛なる栗原Pさんが腰痛で苦しんでいます。

病院でついた診断名は「ヘルニア」。ブロック注射に整体や針と、やれる治療は全てやっているのにそれでも引かない頑固な痛み・・・。痛くて辛いのにそれでも仕事に挑む姿勢はまさにオトコ! 栗原Pさん今日もかっこいいです。

激痛と痺れで歩行困難になりながらもMRI検査を受けに行く5月の私。

そして、ヘルニアと言えば思い出す恐怖。今では笑い話ですが、この時は本当に辛く、頭の中ではずっとロードが流れていました。なんでもないようなことが、幸せだったと思う・・・。まさにそう思える瞬間でした。みなさま季節の変わり目ですので健康管理には気をつけて下さい。

私も寒さのせいで腰が痛くなってきたので、健康にちなんだヘルシーな炒めものを作りました。その名も「腰を痛めてチンゲン炒め」です。

チンゲン菜の旬は春と秋。栄養価が非常に高く、免疫力も上げてくれるのでこの時期には持ってこいの野菜の一つです。

左・香り際立つ太香胡麻油 
右・ゴマ本来の色や香りが活きた太白胡麻油

そして、もう一つオススメしたいものがこちら。マルホン太白胡麻油です。太白胡麻油は、煎ることによって色や香りを出す通常のゴマ油とは違い、ゴマを煎らずに生のまま搾って造られているため無色透明(写真右)。ゴマ本来の色や香りが活きた、極めて上質なゴマ油です。上質ゆえに通常のゴマ油と比べたら値段は張りますが、野菜炒めや揚げ物などが各段に美味しくなりますので、スーパーで見かけたらぜひ使って見てください。ノンコレステロールなので健康を意識している方にもオススメですよ!

「腰を痛めてチンゲン炒め」のレシピ

 

【材料】
チンゲン菜 1袋
太白胡麻油 大さじ2
太香胡麻油 大さじ1
酒 少々
塩 適量
ホワイトペッパー 少々
【作り方】
1.チンゲン菜を縦に半分に切り、ヘタを落として葉をバラバラにする。
2.根本が浸かるくらいのお湯を沸かし、塩と太香胡麻油を入れる。
3.2にチンゲン菜の根本の部分を10秒、葉の部分を10秒ほど茹でたらザルに上げ塩・コショウをする。
4.余分な水分が取れたら、フライパンに太白胡麻油を引き、強火でさっと炒めて器に盛ったら完成。
【ポイント】
1.お湯にゴマ油を落とすことで、沸点も高くなり野菜にゴマ油の風味がつきます。
2.先に野菜を茹でることで、火の通りにムラがなくシャキッとした野菜炒めが作れます。
3.野菜炒めは時間が経つとしんなりしてしまうので、強火でいっきに炒めます。

以上のようにポイントを押さえて作れば、簡単に美味しくプロの味が出せますので、ぜひ試してみて下さい。次回もお楽しみに!

Page 1/18

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP