Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
BUSINESS

【ドS女です。ドM男を育てたいです。】
ソクラテスならこう言うね
〜恋愛・ビジネス相談所〜

2016.7.17
2016.7.17

ドSな女王様がドM男を育てるための哲学とは!?

日本の哲学者小川先生だからこそできる、哲学的・お悩み相談室!さて、今回の相談者のお悩みを紹介しましょう。

今回はなんと、ドSな女王様気質の女性が、ドM男を育てたい! というご相談...。さてさて、難問ですよ! 小川先生はなんと、「君主論」でこの質問にお答え!

実は彼をヒールで踏んだり縛ったり首を絞めたりしたいのですが...

こんにちは、私は30歳で、大手銀行の窓口で働いています。まわりからは、
「すごくフワフワしているよね」「女の子らしいよね」と言われるし、自分でもそう思います。見た目も中の上以上で悪くないので、正直モテます。けど、私によってくるのは、そんな「ユルフワ女子」が大好きな、しょーもない男ばかり。本当は私の中身はドSの女王様なのに...。

だからといって、ドS女王様として生きていきたいとも思いません。会社や合コンでは浮きたくないし、やっぱりモテたいので。だから、わたしをユルフワだと思って寄ってきた男を「ドM」に育てるしかないかなと思ったりもするのですが、どうしたらドMに彼を育てて、ヒールで踏んだり、縛ったり、首をしめたりすることができると思いますか?

あるいは、どうしたらもともとドMの変態野郎に出会って良い仲になれると思いますか? 切実です。普通の性的な関係なんて、興味ないんです。

ドS女王様のための『君主論』

これはまたキツい相談ですね。ドSの女王様から、ドMの彼氏の育て方についてですか...。はたして超まじめな哲学者の私に答えられるのかどうか? も~ちろん、喜んでお答えしますよ! もしかしたら、私自身が難問に関してはドMなのかもしれません。答えにくい問題ほど嬉しくなってきますから。哲学者の悲しい性(サガ)でしょうか。

それに相談者さんにしてみれば、切実な悩みですものね。こういう悩みは周囲の人には言えないだけに、ここで私が答えないと、一人の人間を苦しめ続けることになります。なんだか質問に答える言い訳をしているように思われそうなので、早速始めます。

さて、相談者さんは職場ではさすがに地が出せないため、プライベートでドM彼氏を育てたいということですね。あるいはそういう人と出会って、うまくやっていきたいと。お互いの性癖がうまくマッチしていれば何の問題もないのですが、一から育てるとか、ずっといい関係を続けるというのは、そう簡単ではありませんよね。

そこで今回は女王様の心得ということで、それにぴったりの哲学書を紹介したいと思います。イタリアの思想家マキアヴェッリが、君主たるものの心得を説いた名著『君主論』です。女王様もいわば君主ですから、役に立つ内容がたくさんあります。

たとえば、マキアヴェッリは、賞罰を適切に与えないといけないといいます。そうすることで、家来は納得してついてくるからです。女王様も同じです。彼氏がいいことをしてくれたときは、うんとセクシーにサービスをしてあげるのです。そして、彼氏がつれないときは、お仕置きとして指一本触れさせません。ですね。

この場合、冷酷なくらいがちょうどいいでしょう。マキアヴェッリもそういっています。君主には冷酷さが必要だと。だからこそ、稀な優しさが際立つのです。女王様も日ごろ冷酷だと、ふとした優しさが光ります。

一番面白いのは、マキアヴェッリが君主を動物に例えている点です。なんと獅子と狐を見習わなければならないというのです。獅子は強さの象徴であり、狐は狡猾さの象徴です。たしかに、君主は獅子のように怖い存在でないと誰も従いません。他方で、ただ怖いだけでは騙されたりしてしまいます。そこで、狐のような狡猾さが求められるのです。罠にはまらないように。この両方がなければ、君主は務まらないということです。

女王様もまったく同じです。そもそもMの男性は強い女性に憧れていますから、獅子のように徹底的に強さを見せつける必要があるのです。そして、それだけではただの怖い人として畏れられるだけなので、狐のように狡猾に相手を操り、女王様なしではいられないようにするわけです。

だからドMを育てる女王様になりたければ、セクシーに女豹のポーズなどとっている場合ではありません。獅子と狐のポーズをとるべきなのです。思いっきりセクシーにね。

▶︎その他の「ソクラテスならこう言うね〜恋愛・ビジネス相談所〜」はコチラ!

Text:Hitoshi Ogawa
Photo:雪ボタン、Getty images

【小川仁志】
1970年京都市出身、京都大学法学部卒。伊藤忠商事に入社するも退職し、4年間のフリーター生活を経て名古屋市役所に入庁。その後名古屋市立大学大学院博士後期課程を修了し、博士号取得。2015年には山口大学国際総合科学部准教授となる。専門は公共哲学、および政治哲学。商店街で哲学カフェを主宰するなど、市民のための哲学を実践している。哲学に関する著書多数。 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP