Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
TRAVEL

【連載】週末彼女と行きたいコスパ宿 第30回
モノレールで絶景に辿りつくお宿。東伊豆「御宿 風月無辺」

2016.7.13
2016.7.13

広大な敷地内は、カートで移動

美しい自然の風景が無限に広がっていることを意味する「風月無辺」。その名前の通り、伊豆の大自然を楽しめる宿をご紹介します。

「絶景をゲストに楽しんでもらいたい」。そんな思いから、険しい山の斜面を切り開き2012年に誕生したこの宿は、駐車場からフロント棟までモノレールを使って登ります。ゴンドラの中に入ってボタンを押したら、非日常の世界へ出発です。森の中をゆっくり登るモノレールは、まるでアトラクションのよう! 緑を抜けて視界が開けてくると、眼下には眩しいほどの紺碧の海が広がります。

ロビーに入ると、フロントからは相模湾が一望でき、遥か遠くまで見渡せます。

開放感いっぱいの空間で、ウェルカムドリンクの抹茶と『レアチーズと小豆のふんわり大福』をいただきながら、チェックイン。こちらの大福はこの宿のオリジナルで、ふわふわな食感がたまらない自慢の逸品です。売店で6個入り740円で販売されており、お土産にもちょうどいいですね。

チェックインを済ませた二人を部屋がある棟へ案内してくれるのは、こちらの自動運転カート。

移動中に見える景色も最高。水平線で交わる空と海が、世界は無限であり、また自分の力も無限、そして私たちは自由なのだということを教えてくれているようです。

最高なのは景色だけではありません。敷地内に点在する客室にはさまざまなタイプがあり、すべての部屋に露天風呂が付いています。こちらの客室は、フロントに一番近い一般客室でリーズナブルさが人気。他にも、建物一棟をまるごと独占の平屋客室や二階建ての離れ客室があります。

お部屋に入ったら、まずはテラスへどうぞ。海抜200mから見下ろす絶景はリゾート気分を高めてくれます。さらに、二人で入っても余裕のある露天風呂にゆったりと浸かり、至福のひとときを楽しんでくださいね。こちらの温泉は、敷地内から湧き出る自家源泉で、絶え間なく露天風呂に注がれる湯の音が心地よく耳に響きます。

また、敷地内の中央にある大露天風呂「長閑の湯」は客室にある露天風呂とは趣きが異なり、大自然に溶け込むように過ごせます。

夕食は伊豆の恵みを贅沢に使った、職人の技術や温かみが伝わる上品で繊細な懐石料理。大人の二人の大切な時間に相応しいおもてなしを堪能できます。

普段、大人の女性を装って頑張っている彼女も、この宿なら童心に返って無邪気にはしゃぎたくなるはず。壮大な自然を眺めながら、何にもとらわれず、誰にも気を使わず、二人で心から寛げる特別な時間を過ごしに訪れてみてはいかがでしょう。

Text : Kumi Koyama

御宿 風月無辺
静岡県賀茂郡東伊豆町大川1096-1
0557-23-1500
http://muhen.cc/ok-indes.html
【休前日】
一般客室 アワビの踊焼き&伊勢海老の焼物、金目鯛も楽しめる「雲海懐石」コース付き
2万6,600円(税込)~(2名利用時の1名料金)

【ライター:小山久美】 大 阪生まれの京都育ち。都銀、ツアコン、英会話教室、専門商社勤務を経て、脚本家を目指すも道は厳しく断念。現在はフリーライターとして活動中。得意分野はインタビューと市場調査。生きがいは関西ならではのボケとツッコミで、自分より面白いすべての人が憧れの対象。趣味は油絵で妄想をキャンバス上で楽しんでいる。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP