Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
FASHION

難病・若年性パーキンソン病と闘う飲食店社長は、業界一のファッショニスタ!
〜ダイヤモンドダイニング・松村厚久社長〜

2016.6.15
2016.6.15

「神様は、越えられない試練を与えない」

ダイヤモンドダイニング 代表取締役社長 松村厚久さん。飲食店事業のカリスマ、現在266店舗を経営する大社長。しかも、松村社長は、店舗のクリエイティブも監修するクリエイターでもあります。また、M&Aで買い取った飲食店や事業を成長させることにかけても右に出るものはいません。

そんな超一流ビジネスマンでありクリエイターの松村社長は、去年8月に自身の半生が描かれた「熱狂宣言」(小松成美 著)を出版。そこで初めてメディアに向けて、自身の若年性パーキンソン病について告白されました。しかし、松村社長はそんな逆境をものともせず、常にクリエイティブで、人を喜ばせることが大好きで、楽しことが大好きで、女性が大好きで、なによりファッションが大好きな、おチャメな人、なのです。

「僕が、大流行している『PERFECT HUMAN』のダンスを社員と一緒に踊って披露したりしても、メディアはなかなかそういうシーンを取り上げてくれないんです(笑)。僕の病気や、僕の大変な姿ばかりが切り取られてしまうんですよねとはにかみ笑顔を見せる、松村社長。

そこで今回FORZA STYLEは、そんな松村社長の「オシャレなところ」「面白いところ」「オチャメなところ」に焦点をあて取材をさせていただくことに。ただ、これを読み進めるうちに、そこにある「面白さ」だけではない、深い深い人生哲学をきっと皆さんに感じていただけること、間違いなしです。

西内悠子(以下、西内):松村社長、本日は宜しくお願いします。オーラ、ありすぎます。なんてオシャレなハットとサングラスなんですか!

松村厚久(以下、松村):ありがとうございます。それにしても今回、なぜ取材のお話をくださったんですか?

取材キッカケは「ウラお金持ち特集」

西内:実は、週刊現代さんの「ウラお金持ち特集」という記事を読みまして(笑)。そこで、松村社長が「ウラお金持ち」代表として取材されているのを拝見し、お声かけさせていただきました。

松村:...

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP