Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"
第87回 オーデマ ピゲの腕時計

2016.6.16
2016.6.16

起業記念に購入した 思い出深い逸品

1975年の誕生以来、時計業界の歴史に革新とインパクトを与え続ける世界最高峰のマニュファクチュール(時計工房)がオーデマ ピゲです。時計製造発祥の地、ジュウ渓谷のル・ブラッシュに設立されて以来、およそ140年もの間、家族経営を守り続けています。

なかでも、それまでのデザインコードを覆した「ロイヤル オーク」は、長い間、僕の憧れの腕時計でした。このシリーズが発表されたのが、1972年。言ってみれば同い年。それが現在もコンテンポラリーウォッチのアイコンとして知られているのですから、当時から完成度の高さは凄まじかったとしかいいようがありません。

僕がこれを買ったのは37歳のとき。それまで勤めていた出版社を辞め、自分の会社を立ち上げる際に、なにか記念になるものが欲しかったんですね。これから、自分のやりたいことをどんどん叶えていくための原動力というか……。まさに意を決した清水買いでした(笑)。

機械式ムーブメントはもちろんですが、六角形のネジで取り付けられた八角形のベゼルの形状がなんともたまりません。スティールケースや一体型ブレスレットも快適な着け心地ですし、タペストリーモチーフのダイヤルも素晴らしい!のひと言。デザインが究極に美しいから、アイコンであり続けられるんですよね。内側も外側もすべて手づくりで、仕上げもパーフェクトです。

いまもこれを身に着けるたびに、起業当初のことが思い出されて、身が引き締まる思いです。あのとき考えていたことをちゃんと実現できているか、気持ちがブレていないかとか。

そう考えると高価な買い物でしたが、買ってよかったと思います。初心忘れるべからず、といいますか。いつでも、あのときの気持ちに引き戻してくれる大切な、大切なタイムピースです。ネイビージャケットに白シャツ、白いパンツ、僕の好きなスタイルに本当にピッタリハマってくれるんです。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP