Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
LIFESTYLE

ライカ発、液晶ディスプレイ非搭載の
デジタルカメラの正体とは!?

2016.6.10
2016.6.10

機能を限定することで新しい世界が広がります!

コスパでモノを選ぶことは決して間違いではありませんが、本物の贅沢を味わうためには、ソレとは違う物差しの用意が必要となるものです。

これだけデジタルカメラの進化がスペックに偏重している傾向にもかかわらず、写真撮影の本質をひたむきに追求するLEICA(ライカ)のカメラに対する姿勢は一切のブレが感じられません。

ライカ独自のレンジファインダーシステム「ライカMシステム」の最新モデル「ライカM-D(Typ262)」は、デジタルカメラに必ず搭載されている背面の液晶ディスプレイを排除したデジタルレンジファインダーカメラです。2014年にM型の60周年を記念して発売した限定モデル「ライカM Edition 60」も液晶ディスプレイは非搭載でしたが、通常のM型デジタルカメラでは初となります。

ここからも分かるように、このカメラの特徴はライカが長い年月をかけて完成させた距離計システムの長所を余すことなく取り入れる一方で、シャッタースピード、絞り値、ISO感度という写真撮影に必須の機能のみを厳選していることにあります。

デジタルカメラの購入にあたって欠かせない基準となる撮像素子は、他のM型デジタルカメラと同様に、高画素2400万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを採用しています。これはライカのレンジファインダーカメラ用に開発されたもので、卓越した描写力を誇ります。画像処理エンジンは高速処理が可能な「LIECA MAESTRO(ライカ・マエストロ)」、画像記録形式にはDNGを採用しています。

ライカ製品のトレードマークである正面の赤いブランドロゴ排除した控えめな外観や目立たずに撮影ができる静かなシャッター音からも同社の写真撮影に対するこだわりが醸し出されています。

ライカのカメラを購入することで得られる最も価値あること。それは素晴らしい体験です。写真撮影は当然として、ライカを所有する喜び、オーナー同士のさまざまなコミュニケーションは、人生を豊かにするための糧となります。これこそがライカのオーナーだけが持つ特権なのです。その入り口のひとつとして、「ライカM-D(Typ262)」はぜひオススメしたい一台。これ以上なくシンプルにライカ製品の魅力を伝えてくれるはずです。

Text: FORZA STYLE

「ライカM-D(Typ262)」 81万円(税抜)

【問い合わせ
ライカサポートセンター
0120-03-5508
www.leica-camera.co.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP