Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CULTURE

日本でオーロラの神秘を感じられる場所があるなんて...
オーロラの臨場感を、あなたにも。

2016.6.21
2016.6.21

「国立極地研究所」“南極・北極科学館”での感動の天体ショー

「これ、死ぬ前に一度やってみたかったんだ!」...、車で道路工事用の三角ポールを次々となぎ倒し、こう叫ぶ主人公。

こんな過激なのは映画のお話だから。ですが、死ぬ前にやってみたい事、行ってみたい場所、観たい景色って...沢山ありますよね。

多くの人の“観たい景色”リストに必ず入っているであろう「オーロラを生で観る」。でも、この願いはコストも時間もかかりますから、容易に実現できるものではない。そんなお悩みを解決するのが、FORZA STYLE。素敵な場所をご紹介しちゃいます。

東京都立川市にある国立極地研究所「南極・北極科学館」。


立川の「南極・北極科学館」にはなんと、日本で唯一のオーロラシアターがあるんです。毎日オーロラが見られるというのですから驚きですよね。また、見るだけではなく地球外物質(隕石)や南極の氷に触ることができるという、クールで華麗なスポットなのです。

オーロラシアターは、全天周ドーム映像投映機能一体型システム。直径4mのドームスクリーンに、南極や北極圏で観測されたフルカラーのオーロラ映像を投影するんです。

これ、分かりやすく言えば、私達が知っているプラネタリウムのようなもの。でも、特別な空間ですから、定員は1回僅か12名。そんな選ばれた12名の空間だからこそ、二次元ですが前後左右の視界に投影された映像を楽しむことができるんです。まさに現地でオーロラを観ている感覚を存分に楽しめます。

※イメージ画像です。

全天をダイナミックに乱舞するオーロラの神秘と臨場感を感じた12分間の天体ショー! その後の興奮と感動といったら言葉では言い表せないほど。「国立極地研究所」で改めてオーロラの美しさに触れ、極地についての様々な知識を得た後は...、本物のオーロラを観測しに旅立ってみるのも良いかもしれませんね?

Text : Akiko Uehara

※トップ画像はイメージです。

【問い合わせ】
国立極地研究所 南極・北極科学館
東京都立川市緑町10-3
TEL:042-512-0910
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/index.html

【開館日・休館日】
開館日時:毎週火曜日 〜 土曜日 
10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
休館日 :日曜日、月曜日、祝日、年末年始

【ライター:上原亜希子】 神奈川県出身。学生時代にアメリカ留学後、大手電機メーカーに就職。その後外資系コンサルティングファーム勤務を経てパリへ3年間の留学。結婚を機にパリからアメリカへ拠点を移し、フランス・アメリカそれぞれの国の美味しい食べ物、美しい女性・男性を見て国際感覚を養う(笑)。 帰国後にフリーライターとして活動開始。趣味はテニスとお喋り。話しながら喜怒哀楽に大忙し。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP