Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"
第79回 パトリックのスニーカー

2016.5.19
2016.5.19

目指したのは 究極のシンプルです

パトリックは、1980年代に世界屈指のミッドフィルダーとして活躍したフランス代表のミッシェル・プラティニが絶大な信頼を寄せていたことでも知られる、フランス生まれのスニーカーブランドです。当時は、その優れた機能性で多くのアスリートを魅了するとともに、新たなファッションアイテムとしてストリートシーンでも人気を呼び、大きな話題を巻き起こしました。

そう、パトリック最大の持ち味は、そのファッション性の高さにあります。アイコニックな細身のフォルムをベースに、従来のスポーツシューズには無縁だったカラフルな色使いや、さまざまなマテリアルを使って、新鮮な魅力を振りまいてきました。そして、いつの時代も流行に左右されない、洗練された大人のファッションに寄り添ってきたのです。

そんな由緒正しいブランドのスニーカーを、ある方のご縁によってプロデュースすることになりまして……。その記念すべき第一弾がこちらです。

パトリック側と何度もディスカッションを重ねて、あれこれとアイデアを出していくうちに、デザインは究極のシンプルを目指す方向に決まりました。目指したのは、“クラシックなドレスクロージングにも休日のカジュアルウェアにも似合う一足”です。かなり試行錯誤しましたが、その分、カタチになったときの喜びはひとしおでしたね(笑)。

ローンチは、2016年1月にイタリアのフィレンツェで開催されたピッティ・イマージネ・ウォモにて。バイヤーやジャーナリストからの評判も上々だったと聞いています。

限りなくシンプルなデザインですが、コバの張り出したフォルムと厚めのソールが控えめに存在感を主張します。服を邪魔することなく、すっと引き立てるとでもいいましょうか。自分自身、いろいろなスタイルにコーディネイトするのが楽しみな一足に仕上がりました!

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP