TOP > COLUMN > 干場に着させたい松竹梅
FASHION ー 松竹梅

ファッション界の賢人が提案!干場に着させたい「松竹梅」

第2回「グレーパンツの松竹梅」

2016.5.2
2016.5.2

メタボに嬉しい!極上の穿き心地を生むナポリ仕立ての「パンチェリーナ」仕様

イタリア・ナポリで1世紀以上続くパンツ工房、モーラのプレタラインが“レ・スパーダ”。オーダーメイドさながらのディテールやハンドテクニックを取り入れつつ、日本人仕様に仕上げた1本。お直しの応用がきくように、ヘムにゆとりを持たせているのも、さながらオーダーメイドのようだ。素材はウール100%。3万9000円/レ・スパーダ(シャロン☎03-6418-5131)

松尾:これはモーラのプレタラインです。3万9000円になります。モーラはナポリで何世代にも亘りパンツ職人をしている一族なんです。名だたるサルトのパンツを手掛けており、基本的にはオーダーメイドで生産しているメイドインイタリーのパンツです。

干場:このパンツの特徴は?

松尾:これも平置きすると、立体的でS字にカーブを描いていますよね。またオーダーパンツではスタンダードな、前開きが釦でパンチェリーナ仕様となっています。一見してわかるよう、ボタンを多く使って手が込んでいますよね。これが下腹を抑えてくれるんです。ボタンホールの分だけ遊びが出るので、食後にお腹が出たり、動いてもラクなんです。ファスナーではこれは味わえません。またこの釦に力が分散することで、前立て部分が下がるのを防ぎ、綺麗なパンツのラインをキープできるんです。あと、裏向きに配された力釦が、このパンツの要で、ここを留めるだけで綺麗なシルエットが生まれると言われています。

そして一番力のかかる股の縫い合わせ部分は、力を逃すように縫われているんですね。ちょっと甘いというか、ステッチが開閉するんです。これはシンバルステッチと呼ばれていて、このプレタラインにもハンドで施されているんです。引っ張ってみるとわかりますよ。動きに合わせてフィットするので穿き心地がとてもよいんですね。

干場:かなり細かいマニアックな薀蓄がありますね。でもこれらってメタボな世代には嬉しい仕様ですね。

松尾:食後にお腹が苦しいって実は私もよくあるので笑 要所要所にナポリのハンドテクニックが盛り込まれていて、日本人の体型に合うように作られています。これはノープリーツで股上を少し浅めにしており、日本人の好みにフィットさせていますね。このミディアムグレーも使いやすい色味だと思います。

干場:ナポリのハンドメイドパンツを日本人好みに仕立てた逸品ということですね。試してみたいです!
さて最後の松のパンツが楽しみです。

Page 2/3

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO