Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
WATCH

【連載】時計アナリスト 渋谷康人が語る
大人が買うべき厳選時計! 第1回

2016.5.12
2016.5.12

「A.ランゲ&ゾーネ」のサクソニア・フラッハ

大人の男は、4本の腕時計を持っていればいい。それが『FORZA STYLE』流の考え方。1本目は毎日使える「デイリーウォッチ」。2本目は休日に着ける「オフタイムウォッチ」。3本目はフォーマルな場にふさわしい「セレモニーウォッチ」。そして4本目は、高価だけれど持つ人の美意識や教養が伝わり、資産価値もある「アートウォッチ」。とはいえ、お金は湯水のようにあるわけじゃない。そこで、時計業界を20年以上見ながら世界で取材を続ける時計アナリスト、渋谷康人が「大人が買うべき腕時計」をスコアを点けてご紹介。大人の時計選びの指針を提示する。

皆様、こんにちは。時計アナリストの渋谷康人です。ベーシックなものを身に着けるなら、何よりも本当に良質なものを選ぶ。それが腕時計に限らず、大人の男のモノ選びの大原則ってもんです。

A.Lange & Söhne SAXONIA FLAT

Ref.211.027(ホワイトゴールド)、Ref.211.033(ピンクゴールド)
18KWGまたは18KPGケース、手縫いアリゲーターストラップ、ケース径40mm、ケース厚5.9mm、シースルーバック、日常生活防水/18KWG、18KPG仕様、ともに240万円(税抜)発売中

その意味で、ドイツの最高峰時計、「A.ランゲ&ゾーネ」の中でも、最もベーシックなサクソニア・フラッハは、1本目のデイリーウォッチとして、また3本目のセレモニーウォッチとして、「大人が買うべき腕時計」なんです。

フラッハ(フラット)という名称そのままの、シャツの袖に干渉することなく腕に心地良く馴染む、高さわずか5.9ミリの超薄型でフラットなラウンドケース。ブレーンな文字盤にバーインデックス。そして時分を示す長短2本の針。一切の無駄を削ぎ落としたシンブルなデザインは、2011年のデビュー当時から、世界中の紳士や時計愛好家たちから絶賛されてきました。

そして、今年2016年1月に発表された新型モデルでは、バーインデックスをより長くすることで、その表情をさらに引き締まったものにしたのです。

ケースサイズは、ベストなバランスの直径40ミリ。そしてこの腕時計は、はずしたときの楽しみも、また格別。なにしろ、ケースを裏返すと、シースルーのケースバックから、以下のような機械の宝石と言うべき手巻きムーブメントが眺められるのですから。

通常の真鍮よりも硬い洋銀で作られた、3/4プレート(剛性を追求して地板を細かく分割せずに、1枚の地板がムーブメントの面積の約3/4を占める)様式、ひとりの職人が手作業で彫刻加工を施した芸術的なテンプ受けとその上に取り付けられたスワンネック(白鳥の首)と呼ばれる繊細な緩急調整装置、ルビーの軸受けを美しく確実に固定するゴールド製のシャトンなど……。

すべてがシンプルなので、目立ち過ぎる心配も、時代遅れになる心配も一切ないのも、このモデルの魅力。デイリーウォッチとして使うなら、レザーベルトのことを考えて、毎日ではなく、1日ないし2日おきに着けるのがおすすめ。今でも、そして100年以上が経過してあなたの子供やその子供が身に着けても「良い時計」だと認めてもらえるはず。特に時計通と呼ばれる人たちからは、間違いなく。

ということで、今回の買い度は 85点! 皆様、手に入れてみてはいかがでしょう!

そしてここで A.ランゲ&ゾーネ 野渡さんのコメント

サクソニア・フラッハには『質実剛健』という言葉がぴったりです。強くたくましい、それでいて本当に美しい、一切の無駄を省いたまさに『ドイツ時計』といえるモデルです。

こういったシンプルモデルは、針やインデックスがケースに対して少しでも長かったり、太かったりまたその反対だったりするだけで間延びして見えたり、アンバランスに見えます。

美しいか否か一目瞭然なのは実はこのようなシンプル時計です。このバランスのとれた美しさはA.ランゲ&ゾーネだからこそ出せるものだと思っています。ケースサイズは今回ご紹介いただいている40ミリの他に、日本人男性には非常に使いやすい37ミリのタイプもあります。これからの季節、シンプルにTシャツ、ジーンズの組み合わせに着けていただいても、とってもカッコいいです!

■ 採点結果(各項目20点満点)
持つ喜び【20点】
時計愛好家の誰もが認めるブランドの、時代を超えた定番を持つ喜びは格別。
手元の存在感【15点】
押しの強さこそありませんが、にじみ出る上品さは抜群。
トータルデザイン【15点】
シンプルの王道を追求したデザインで流行とは無縁。飽きる心配ゼロ。
着け心地【20点】
厚さ5.9ミリは、機械式の腕時計としては極めて薄く着け心地は極めて軽快。
時計の性能【15点】
複雑機構など搭載しないシンプルなメカニズムのモデルとしては最高レベル。

Text:Yasuhito Shibuya

【問い合わせ】
A.ランゲ&ゾーネ
Tel.03-3288-6639
http://www.alange-soehne.com/ja/

直営ブティック
A.ランゲ&ゾーネ東京
Tel.03-3573-7788
営業時間11:00〜19:00
水曜定休

【プロフィール】

渋谷 康人

時計アナリスト、編集者、ライター。1962年生まれ。早稲田大学法学部卒。出版社で文芸編集者、モノ情報誌の編集者、ライフスタイル誌の編集者等を経て独立。1994年、モノ情報誌の編集部時代から時計の取材を開始し、1995年から現在までスイス2大時計フェア、国内外の有名無名の時計ブランドのファクトリー取材、イベント取材、CEOインタビュー、時計店取材を20年以上に渡り続けている。新作時計ばかりでなく、時計コングロマリット、ラグジュアリーグループの動向など世界の時計ビジネス全体の動向をウォッチする。時計以外にも、カメラ、IT機器、クルマから食品、教育まで多彩な取材・執筆・編集活動を展開する。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP