Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは“エコラグ”
第61回 インコテックスのスラックス

2016.3.10
2016.3.10

なんにでも合わせられる まさに万能パンツです

20年以上、愛用しているパンツはインコテックス以外ありません。そもそもの出会いは僕がまだ学生のころ、ビームスでアルバイトしていた時代まで遡ります。それから何度、買い替えながらもはいてきたことやら……。

インコテックスは1951年にイタリアのヴェネツィアで創業した世界最高水準のパンツ専業ブランドです。厳選された素材使いや高度な裁断・縫製技術に定評があり、名前は言えませんが(失礼!)、著名な世界的ラグジュアリーブランドのOEM(相手先ブランド名製造)を手がけることでも有名です。現在は、流行を超えて本物にこだわる集合体、スローウェアグループの一員として、その中核を担うブランドとして人気を集めています。

僕のお気に入りはこの2本。

左のグレーパンツはトロピカルウールを使った「N35」で、これは名作「A30」を日本人の体型に合わせて仕様変更した「J35」の後継モデルにあたります。欧米人と比べてヒップが平坦な日本人向けに少しヒップラインを削ることによって、ヒップからひざ裏、足首にかけての美しいテーパードシルエットを実現しています。すっきりと脚が長く見える(ような気がする)のも大好きな理由ですね(笑)。

一方の白のパンツは、コットンストレッチの「A30」。本拠地のイタリアでもいちばん人気のモデルです。こちらは少し腰周りにゆとりがあり、それはそれで気に入っています。基本的には「N35」と同じ構造ですが、フロントの持ち出しを比翼仕立てにしてヒップポケットのボタンも省略。両者を比べると、こちらのほうがスポーティな印象に仕上がっています。

グレーのほうは色の濃淡と素材を変えて6本所有。合わせるジャケットの色や素材によっても替えています。白のほうはほぼ毎年、買い換えるのがお約束。やっぱりこちらはいつも真っ白な気持ちではきたいですからね(笑)。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP