Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FOOD

銀座で「肉のワゴン」!? 銀座の夜景を絶品ステーキに添えて...♡
美女が行きたいレストラン「私をゴハンに連れてって」
Vol.15 「tcc」

2016.3.3
2016.3.3

絶品ステーキのお店が、シンガポールから初上陸

大人気連載シリーズ「私をゴハンに連れてって」。第15回は、美女の中でも特に人気の高い平栗雅代さんが再登場。

今回は、銀座4丁目交差点を見下ろすことができる、贅沢なステーキハウス「tcc Steak & Seafood」をご紹介。なんとこのお店、シンガポールから日本に初上陸したお店なんです。「女性は素敵な男性と、美しい風景を見下ろすのが好きですからね」と平栗雅代さん。この場所にはずっと来てみたかったのだそう。

店内に一歩足を踏み入れると、そこはまるで南国世界。壁全面の窓からはライトアップされた和光の時計が煌びやかにこちらを照らしています。あまりの贅沢な光景に、日常のストレスが、この美しい銀座の街に溶けて消えていくのを感じます。

事の前にBarに立ち寄ると、そこにあったのはまるで映画のセットと見間違えてしまいそうなゴージャスなbar。じつはこちらのマネージャーさんは数々の有名レストランを手掛けてきた飲食会のプロ中のプロ。ここにあるビアサーバーもマネージャーさんがこだわり抜いたそうです。

このbar で平栗さんがオーダーしたのは「シンガポールスリリング」。こちらのメニュー、シンガポール五つ星ホテル「ラッフルズ」と同じレシピを使用した逸品なんです。

「トロピカルな味わいなんだけど、その中に隠しきれない高級感が漂う。なんだか贅沢で幸せな気分になることができる美味しさですよね」と、ご満悦。

こだわりのBarカウンターでカクテルを一杯飲み、すっかりリラックスできたところでいよいよ席に着いてお食事です。お料理は視覚的にも美しく、女性好みのお洒落なものばかり。まるでデザートパフェのようなシーフードの盛り合わせを目の当たりにし、平栗さん感動を隠せない様子。

そして次のシンガポールサラダの中に何やら舌触りの良い、香り高きアクセントが。それはなんと“ガリのみじん切り”。「こんなに意表をつく隠し味は初めて。前菜だけでこんなに楽しめるなんて贅沢ですよね」。

そしてここで登場したのがなんと、肉ワゴン。 デザートワゴンはよくありますが、肉ワゴンなんて見たことがありません。

「私、肉食なんです。この光景嬉し過ぎる(笑)」と少女の様に大喜びの平栗雅代さん。平栗雅代さんはこの日、テンダーロイン(ヒレ)、リブ、Lボーン、Tボーン、シーフードからヘルシーなテンダーロインをチョイスしました...ちなみにシーフードは愛媛の松山港から24時間以内に直送されるのだとか。こちらも捨てがたい逸品なんですが、今回は、ガマン、ガマン。

そして音をたててやってきた巨大なステーキは赤身とは思えない柔らかさ。「さっぱりしていて全くもたれない。脂っぽくないから、体が喜ぶ感じ」と、一瞬にしてペロリとステーキを完食されました。

「これは同席の男性に、食べられないから半分食べて!なんて絶対に言わないな(笑)」と、そのお味にご満足のご様子。

銀座で美味しいステーキを食べ、さらにワインを1本あけて...となると、心配なのがそのお値段。ですが、こんなに沢山食べて飲んで、楽しめて、感動できて、お値段なんと一人約8000円! 平均的なステーキハウスの約半分のお値段だなんて、これから女性をデートに誘おうと考えている男性にも朗報ですね。

銀座の一等地でこのお値段、おせっかいながら採算は取れているの!? 良心的すぎない!? と心配にさえなります。良質なお料理を提供し、コストパフォーマンスにもこだわり、お客様に喜んでもらいたい。お客様に喜んでリピートしていただくことを目指しているんです」とマネージャーさん。マネージャーさんの、このお店にかける情熱が伝わってきます。

異国情緒あふれる店内ですが、やっぱりお勧めは銀座の街を一望できる席。ただ、銀座の街を一望できるお席は、限定3席。ですので、ぜひ事前に予約をしてから銀座の景色を楽しみに訪れてみてくださいね。高級感があるのにちょっとカジュアル。だからこそ、ちょっとした「肉食デート」に使うのにぴったりです。ぜひ、大切な人と行ってみて。

Text: Naoko

【今回の美女】
平栗雅代さん(ひらぐりまさよ)さん
東京都在住。いつまでも美しくありたいと最新のビューティを
取りいれ、さらにバレエのレッスンにも積極的。趣味のフラワー
アレジメントで女らしさも追求しています。

【問い合わせ】
店名:tcc Steak & Seafood
住所:東京都中央区銀座5−9−1銀座幸ビル4F
電話:03-6274-6004
営業時間:11:00-23:00(LO 22:00)
定休日:無
HP:http://www.tccjapan.net/

 

【ライタープロフィール・Naoko】 東京都出身。大手商社勤務を経て30代で渡米。アメリカではファッションに携わりながら少々モデルも経験。また渡米中に護身から始めたテコンドーにはまり黒帯を所得。行動的だがとてもシャイな一面もあり。帰国後に執筆活動を始めたシングルマザーのフリーライター。趣味は旅とドライブ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP