Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
LIFESTYLE

日本の住宅事情にもハマる
絶え間なく進化するソファ

2016.2.14
2016.2.14

誰もが認める定番こそ
自分らしいアレンジで!

暮らしの大切さを改めて考えさせられる今日この頃。ヘトヘトに疲れて帰ってくる時も休日ゆったりと寛ぎたくなる時も、リビングの主役であるソファは素敵であることが理想的ですよね。しかも末長く付き合うのなら、座り心地は当然として、見た目的にも納得できる一脚であることが必須条件かと。

そんな満足感を合わせ持つのが、イタリア生まれ、日本育ちのインテリアブランドとして愛され続ける「arflex(アルフレックス)」の傑作、「MARENCO(マレンコ)」です。

ソファ[W1100×D970×H660×SH390cm] 23万9000円~ ※クッションは除くオットマン[W.670 D.670 H.390mm]  9万円~

1971年の登場以来、ロングセラーとなっている理由はイタリアのデザイン界の巨匠「Mario Marenco(マリオ・マレンコ)」による、飽きのこないシンプルで機能的なデザインの力にほかなりません。そこへの助力となるのが、日本製でのメリットでもある、イタリアにも逆輸入されたカバーリングシステムと、ジョイント金具によって2人掛けから3人掛け、4人掛けへと自由に変形させられる点です。これがあることで暮らしの変化に応じて使い続けることが可能になります。駄目押しでメンナランス性にも優れているので本当に長く愛用できるシステムが備わっているのです。

ソファ[W1780×D970×H660×SH390cm] 39万2000円~ ※クッションは除く

そして、真の定番を目指し、絶え間なくマイナーチェンジを行い、進化し続けているのも「マレンコ」の魅力であり、揺るぎないスタンスだと言えます。

この定番性に惹かれた数々のブランドやクリエイターからラブコール受け、近年は盛んにコラボレーションが行われています。昨年はトヨタのSUV「HARRIER(ハリアー)」の特別仕様車とのコラボレーションとして、「ハリアー」のインテリアと同じ紫のカバーのモデルなども非売品として発表されました。

イタリアの創造性と日本の技術が融合する稀に見る鉄板プロダクト。皆さまの自宅にもぜひ一脚いかがでしょうか? 費用対効果も見込めつつ、女性にも好かれるデザインですから自己満足に浸らず、パートナーと喜びを分かちあることもまたこのソファが名作であることの理由なのかもしれませんね。

Text: FORZA STYLE

ソファ[W2480×D970×H660×SH390cm] 54万6000円~ ※クッションは除く


【問い合わせ】
アルフレックスジャパン
0120-33-1951
www.arflex.co.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP