Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
TRAVEL

【アメリカを食べつくす】オーセンティックなパンケーキで朝食を in IOWA

2016.1.25
2016.1.25

農家の食卓をイメージしたカジュアルレストラン

こんにちは、FORZA 海外担当山本真紀子です。

海外系の仕事をしているのですが中でも最近はアメリカへご縁がたくさんございます。行くたびに新たな発見のある国、アメリカ。

パイク野郎が悠々と街を走り抜けるワイルドな国。

中でも肉の旨さは世界一でしょう。日本でも昨年から人気になっているアンガス牛もアメリカではリーズナブルにいただけます。

ということで、肥沃なミシシッピ川が育んだアイオワ州のダイナミックな食文化をご紹介しましょう。

ところでアイオワをご存知ですか。アメリカ合衆国中西部に位置し、「アメリカのハートランド(中心地)」と呼ばれる州なんです。アメリカの台所、でもありますね♡

アイオワの空港デモインへは成田からミネアポリス経由でおよそ12時間。

アイオワでご紹介したいのが、農家の食卓をイメージしたレストラン「SHED(シェッド)」日本語だと「(農家の)物置小屋」という意味ですね。

「SHED」レストラン。駐車スペースもたっぷりあるのが嬉しいですね。

アメリカの農家をイメージした内装も味がある上、パンケーキやフライドチキン、ポテトにビーフと朝からボリューミ!何と言ってもザ・アメリカンなメニューが嬉しい。

地元の人にも大人気で朝から行列ができるほどです。

老若男女に大人気!

朝からお肉もよし、パンケーキにフレッシュフルーツでヘルシーもよし。

太いソーセージがジューシーでお腹にたまります。

ブッフェスタイルだからお好きなものをお好きなだけ(何回も!)。甘いものもたくさんあるから朝食でも優に2時間は食べ続けざるを得ません(笑)。

でも私は女子♡焼きたてパンケーキとワッフルは別腹で♡

アイオワの大地の味を堪能してみてはいかがでしょう。

店内にはオリジナルグッズやかわいい雑貨も売っているので行列時間の暇つぶしにぴったり。

オーセンティックな朝食は農家のテーブルから。

アイオワ州の魅力は食にあり!でした。

text & photo Makiko Yamamoto
取材協力先「ミシシッピ・リバー・カントリーUSA」

山本真紀子(やまもとまきこ)早稲田大学卒。某メガバンク総合職退職後、株式会社JunoJapan設立。アパレルブランドPR等ファッション関連ビジネスを経て、ライフスタイルマガジン「ADVENTURE KING」編集長(2012〜現在)/女性誌「MARIA oriente」編集長。趣味ランニング、飲酒。旅とワインをこよなく愛する冒険野郎。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP