Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは“エコラグ”
第53回 ペッレ モルビダのショルダーバッグ

2016.1.11
2016.1.11

余裕のある大人に似合う
カジュアルショルダー

ペッレ モルビダは僕が2012年からクリエイティブディレクターを務めているバッグブランドで、“船の理想形”である船旅を楽しむ大人たちに向けたコレクションを展開しています。とはいえ、船旅(クルーズ)用だけバッグというわけではなく、あくまでもインスピレーションソースがそれという話。つまり、船旅には素敵なライフスタイルのすべてが詰まっているという発想が元にあるんです。

もちろん、普段使いのバッグも充実していています。15年には銀座に初の路面店もオープンし、ご好評いただいております。と、こんなことを書くと、自分のかかわっているブランドの宣伝かと思われるかもしれませんが、やっぱり使ってみて良かったものはオススメしたい。もちろん、ここの製品は自分が真っ先に試してみて、納得したものしか商品化しないんですけどね。

これはスタンダードラインの「メイデンボヤージュ」から出ている小ぶりのサイズのショルダーバッグです。素材には姫路産のシュリンクレザーを使っていて、シボの感じもいいし、手触りもすごくソフト。内装はマイクロスエード貼りで高級感もあります。実際に手にとっていただければ、見えないところや細かいパーツまで丁寧にこだわってつくっているのがおわかりいただけると思います。

大きさはA4サイズの書類が、がぎりぎり入るぐらいですかね。コンパクトなので船旅のときには寄港地用のサブバッグとして使っています。荷物が少ない人だったら、休日にはこれだけで十分でしょうね。

もともとペッレ モルビダに参加したのは、自分が興味のあった船旅を掘り下げられるという以外にも、時代や流行に左右されないグローバルスタンダードなモノづくりができる、というのが大きかったんです。それゆえ、このブランドにはコンセプト決めの段階から入り込んでいますし、素材やパーツ選びまで、細々とした部分までかかわっています。手前味噌なのはわかっていますが、だからこそ自信をもっておすすめできるのです。それと、できるだけ多くの方々に使っていただきたいので、適正価格ということにもこだわっています。ぜひ、一度使ってみてください!

Photo:Yasuhisa Takenouchi
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP