WEB MAGAZINE FOR THE LUXURY LIFESTYLE

TOP > COLUMN
FASHION

【PR】Fit my style!〜BVLGARI WATCHと私
40代の節目を迎えた俳優、坂口憲二さんの場合

2015.12.7
2015.12.7

自分自身の価値感やライフスタイルと向き合う
坂口さん流の腕時計選びのマナーとは!?

イタリアンデザインの神髄である、美しいプロポーションに重きを置き、近年ではジュエラーの枠を越え、完全なるマニュファクチュールとして腕時計の世界で高い評価を得ているブルガリ。その素晴らしい腕時計の魅力について、3名の男性のライフスタイルを通じてお届けする、題して『Fit my style!〜BVLGARI WATCHと私』。最終回となる今回は、我々40男の代表としてもお馴染みの俳優・坂口憲二さんが登場!

飾らない人柄や美しい体躯、サーフィンをこよなく愛するライフスタイルなどが、性別や世代を超えて高い支持を集める坂口さん。腕時計との付き合い方も非常に親しみやすく、好感が持てます!

ブルガリの時計を初めて所有したのは二十歳の時でした、と語る坂口さん。

「腕時計を意識しはじめたのは中学か高校の頃です。当時はデジタル時計が盛り上がっていた時代でしたので、自分で初めて買った腕時計もG−SHOCKでした。通っていた高校の校則は結構厳しくって、アクセサリーはもちろんダメでしたが腕時計は許されていました。だから、唯一のお洒落として腕時計を楽しんでいました。仲間うちで見せ合ったり、みんなで時計店に行ったりしていたことを今でもよく憶えています。それから社会人になって、ステンレス製の、ちょっとドレッシーな腕時計が気になり出して買ったのが、スイスメイドのクロノグラフ時計でした。当時、その時計はジェリー・ロペスと言う人気サーファーとコラボをしていて、それが購入のきっかけになりましたね」

坂口さんが所有する2本のブルガリの腕時計。どちらも現在は生産が終わっているモデル。ドレッシーな「ソロテンポ」は父親の坂口征二さんからの成人式でのプレゼント。右の「ディアゴノ クロノグラフ タキメーター」はクロノグラフ好きを公言する坂口さんらしいスタイル。

40男なら青春時代をつい思い出してしまうエピソードでしたが、奇しくもこの時代に坂口さんとブルガリの腕時計との接点が生まれます。

「僕はブルガリの腕時計を二本持っています。一本目は、成人式の祝いで父からプレゼントされたもので、ボーイズサイズでした。まだ学生だったのでこの時計に似合う服、たとえばスーツを着る機会がほとんどなかったので、はじめて着けたのは大学の卒業式でした。社会人になってから着ける機会は増えましたが、最近はあまり着けていません。というのも、繊細な時計なので大事に保管して、近い将来子供に譲ろうかと考えているからです。それだけ思い入れのある一本です。二本目はクロノグラフです。これは10年位前、仕事が本当に忙しい時期に、関係者からいただいたものです。昔から本当にクロノグラフが好きで、当時その話ばかりしていました。それが功を奏してこの機会が芽生えたのかもしれません(笑)。すごく気に入っていて、色褪せないデザインがとても気に入っています。この腕時計によって飽きずに長く付き合える基準を学んだ気がします」

ブルガリの新作を腕にした坂口さんの口元は緩みます。

さらに、今回着用したブルガリのダイバーズウォッチ「ディアゴノ」シリーズについて感想をうかがうと、坂口さんは笑顔を交えながらこのように答えてくれました。

「僕が普段アクティブなシーンで使う腕時計と比べると、この『ディアゴノ』は少し距離感があるかと思っていましたが、実際に着けてみると全然違いますね。ダイビングで使うことにはまったく違和感を抱きません。さすがにサーフィンとなると高価な腕時計だけあって傷が気になってしまいそうでまだ抵抗がありますが(笑)。でもこのモデルならそんな先入観を覆してくれるのかもしれませんね。一番惹かれたのはマグネシウムの素材使いです。重厚感とは裏腹に、本当に軽くて驚きました!」

この「ディアゴノ スクーバ」ならダイビングでも使うこともまったく違和感を抱かない、と坂口さん。

40代を迎え、これからどんな時計と出会えるのか、今から楽しみだと言う坂口さん。彼ならば持ち前のチャレンジ精神で、自身の成長とともに素晴らしい逸品とのチャンスを次々とものにしていくはずです。

「僕にとって腕時計は切り離せないもので、生活の一部なのかもしれません。ブランドもスタイルもこれだとは決めつけずに、いろんな時計を見てみたいし、試してみたい。その中で、このブルガリのダイバーズウオッチもこれからの人生を共に過ごす一本としてとても魅力的です。腕時計である以上、時間が分かるのは当たり前ですから、それ以外の部分を吟味して選んでいくつ もりです。デザインもそうですが、どんな機能や工夫、作り手の想いが込められているのか。そこにこそ本当の腕時計の面白さがあると思っています。その点でもブルガリのダイバーズは申し分ない。僕好みのスポーティな顔立ちだけじゃなく、大人らしいエレガンスも備わっている。20代の僕だったら手に余る代物だっかもしれないけれど、40代を迎えた今なら、もしかするとちょうど似合いはじめてくれる頃合いなのかもしれない(笑)』

Text:Tsuneyuki Tokano
Photo:Akira Maeda
Styling:Shuichi Ishibashi
Grooming:Shinsuke Kita(337inc).

(sponsored)

「ディアゴノ スクーバ」自動巻き(キャリバー ソロテンポ)、SSケース×ラバーストラップ、ケース径41mm、300m防水/72万円(税抜) 


「ディアゴノ」のシリーズでもっとも防水性に優れたモデルがこちら。ダイバーズらしからぬフラットなケースとシックなデザインが特徴。スポーティなラバーストラップもカジュアル過ぎずに洗練されています。カレンダー表示も付くので日常使いにも最適です。

「ディアゴノ マグネシウム」自動巻き(キャリバー ソロテンポ)、マグネシウム&PEEKケース×ラバーストラップ、ケース径41mm、100m防水/46万5000円(税抜)

ブラックのモデルに対して、同様のシックな雰囲気を備えつつも、グレー×ブラックで配するバイカラーの色使いを腕元のアクセントとして楽しめるのがグレーダ イヤル。ブルガリが特許を取得したラッカーコーティングの質感が腕時計にさらなる輝きを与えています。もちろん着け心地も最高です。

坂口憲二(さかぐちけんじ)
1975年生まれ。1999年、モデルとしてデビュー。同時に俳優業も開始する。端正なルックスの演技派俳優として一躍注目を浴び、主 演を務めるフジテレビ『医龍』シリーズなど、人気作品に多数出演。TBS「夢の扉+」ではナレーションを担当し、CM「DHCプロティンダイエット」が5 月からオンエア。ロードムービー『坂口憲二 私旅行 アジア感』がDVD化。http://www.sakaguchikenji.com/

ブルゾン 73万円、ニット 12万2000円、パンツ 12万7000円 すべてベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718)※表示価格はすべて税抜の価格です

【問い合わせ】
ブルガリ ジャパン
03-6362-0100
http://www.bulgari.com/ja-jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

【PR】スッキリ! 阿部祐二レポーターと 干場編集長の「究極アンチエイジング対談」 薄毛を防ぐ情熱とシャンプー 2016.6.16 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP