FASHION

「プーマ」の復刻ランニング
シューズは今が旬!

2015.10.5
2015.10.5

イケフォーの足元には
’80年代のランニング
シューズがよく似合う!

相変わらず今のスニーカーブームは沈静化する気配がありません。なかでも盛り上がりを見せるランニングシューズは、新しいテクノロジーを搭載した日進月歩のハイテクモデルも魅力的ですし、汎用性の高いローテクモデルもハズせません。

とはいえ、それらも少し食傷気味なのも事実。イケフォーにとっては、リラックスカジュアルに合わせやすくて、過度な主張の少ないクラシック顏の1足が理想ですが、復刻モデルはもはや飽和状態になりつつあります。

でも実は、時代を80年代よりも前に遡れば、今新鮮に感じる復刻モデルはまだまだあるんです。その一つが、プーマの名作“クラシックラン”シリーズ。特に80年代の後半に発売された「TX−3」と「RX727」は、アッパーをスエードとナイロンで切り替えた懐かしくもスタイリッシュな意匠が持ち味です。

両者は当時としては最先端の長距離ランニングモデルで、色数を抑えたアッパーデザインはクラシックそのもの。それでいて、かつてのシリアスランナーのために開発されたソールは、3層構造になっているため疲れにくく、街では軽やかな履き心地が楽しめます。

しかも今秋、両モデルとも新色が加わりより充実度が増しているんです。シャープなアッパーは、昨今の定番美脚スラックスやリブパンツにも好相性ですし、足元に程よいレトロ感が加わりますから、40男のスポーティカジュアルがぐっとこなれて見えます。懐かしくも新しい、これこそがキモなんです。今、復刻モデルなら断然80年代が狙い目ですよ!

Text:Shigeo Hasegawa


クラシックランの代表モデル“TX−3”。発売された80年代当時もカラバリが豊富で、ランナーのみならずファッション好きにも愛されました。今季はレッドやブルーなどのキーカラーがラインナップ。

スニーカー 各8500円(税抜)


こちらも同じく80年代のランニングシューズを象徴する“RX727”。凹凸のあるアウトソールは軽量でグリップ力もバツグンゆえ、40男の都市生活にもぴったりです。復刻モデルは、アッパーにリフレクターを施しています。

スニーカー 各9000円(税抜)

【問い合わせ】
プーマ お客様サービス
0120-125-150
http://www.puma.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 必ず「イエス」と言わせるクリスマスジュエリーとは? サトシーノのプロポーズ大作戦 |【PR】 2017.11.27 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO

?>