Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
WATCH

スケルトンウォッチの進化を促す
噂のブランド、HYTの最新作

2015.8.31
2015.8.31

液体で時刻を表示する
新時代の機械式時計!

機械式時計の技術革新は目紛しいものがあり、流行りのスケルトンウォッチなどもその1つだといえます。中でも異例中の異例といえるのが、HYT(HYT(エイチ・ワイ・ティー)が開発したテクノロジーです。

さまざまな分野のスペシャリスト6名が立ち上げたこのブランドは、約10年間の構想の末、液体を用いて機械式時計で時刻を表示するという、途方もない夢を実現させました。ファーストモデル「H1」の登場は、時計業界に衝撃を与え、数々のウォッチアワードで受賞。いまや複雑機構を手掛けるブランドの中でも別格の存在感を醸し出しています。世界50本限定の最新作「H4 ゴッサム」の開発にて、彼らはまたひとつ、機械式時計を進化へと促したのです!

キモはなんといっても常識を覆すケース素材。このモデルでは宇宙工学や船舶で使われる、最大径7ミクロン、0.15mm厚のレイヤーで編み込まれた堅牢な3DTP™カーボンを使用しているのです。繊維で時計を作るという発想ですら驚きなのに、それを実現させてしまう開発力には度肝を抜かされます。ストラップは、ラバーとノーメックス™社が開発のアラミド繊維を結合した素材を使用。この繊維がレシングドライバーのスーツやヘルメットなどに使われていることからもタフさはすでに保証済みです。

こうした堅牢なパーツが守る腕時計の心臓部にあたるムーブメントは、「H1」からさらなる進化を遂げ、2つのパートで構成されています。上半分はダイヤルを排除することで、香箱などの輪列がすべて見えるスケルトンウォッチらしい仕様に。同じように、下部ではベローが取り付けられたケージデザインを見直すとで、2つのバレルがはっきりと確認できます。さらにこの作りを強調するためにベゼルにインデックスを配置。透明のダイヤルがより大きくなることで、ムーブメントの構造をより広く見せることが可能になりました。ケース径も51mmと、この点でも別格ぶりをアピールしています。

専売特許である表示機構では赤い液体を採用。この液体はレトログラード機構を備えた表示にしてブランドのシグネチャーでもあります。これらは、9時位置のセカンド・ホイール、3時位置のパワーリザーブ表示、そしてストラップのステッチにも起用しています。

最近たいぶ身近な存在感になってきたスケルトンウォッチですが、世界の頂点にはこのような腕時計が君臨していることを知っておくと、本当に自分にふさわしい一本と巡り会える機運がグンと高まるはずです。知識欲をも満たしてくれる、新世代の超複雑機構の魅力をぜひご堪能ください!

Text: FORZA STYLE

HYT H4 GOTHAM
手巻き(HYT社製スケルトン・ムーブメント)、3DTP™カーボンケース、ケース径51㎜、5気圧防水/1300万円(税抜)

【問い合わせ】
ノーブルスタイリング
03-6277-1604
www.noblestyling.com

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP