Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
WOMAN

【連載】元ミスソフィアが行司
週代わり“美女相撲”
彼女にそそられたら「いいね!」を押してね
vol.4 PR・渡辺真由子さん

2015.8.7
2015.8.7

お弁当にはオムライス
助手席には美人妻!?

全国のアラフォー男性のみなさま、こんにちは。私、「美女相撲」の行司を務めさせていただきますライターの大石智子と申します。

この「美女相撲」は、女性たちがWEBという土俵の上でその美しさを競うコーナー。出演者は全員モデルやタレントではない一般女性です。“本当に普通の人!?”とツッコミが入るような美人が続々と登場しますので、全カットをくまなくチェックしてくださいね。

そして、彼女の美貌に惹かれたらページ下の“いいね”をクリック。というのもこの「美女相撲」は、“いいね”の数を指標に美しさを競っていく取り組みなのであります。



第4回目は渡辺真由子さんの登場です。トップ画面の美人っぷりが、あまりにも完成度が高いですが、女優さんではありません。渡辺さんは現在フリーランスのPRとして活躍中。普通に電車に乗り、よく「はなまるうどん」でご飯も食べる一般の女性です。

女性の私が言うのもワケがわからないですが、渡辺さんは“お嫁さんにしたいタイプ”。知性のある美人にして性格は気さくで、お話の受け答えもしっかりしてらっしゃる(本人は自分のことをしっかり者じゃないですよ、と言いますが)。これだけ美人なのにお高くもミーハーでもなく、むしろ堅実。生活に安定感を感じるのです。

ここで悲報ですが、そんな渡辺さんは実際に人妻。それも旦那さまは1歳年下のアラサー。本当に正直なところ、いままでアラフォー男性は恋愛対象じゃなかったそうです(撃沈!)

「大学生のときも、周りは社会人の彼氏がいたりしたけど、私は大学の同級生とつき合ってましたね。そのあとも友達感覚でつき合える同じ年くらいの彼氏でした。なのでアラフォー男性とつき合ったときの良さって知らないんです」

なんだか逆にそそられる話ですが、さらにその理由が続きます。

「年上の方だと経験的にも経済的にも差がありますよね。向こうは私を楽しませてくれることや与えてくれるものがたくさんあるだろうけど、こちらからは何を返せるんだろう? と思い引いてしまうんです」
”何もしなくていいんだよ!”という皆様の心の声が聞こえてきます。



わりと美人は年上(ときにうんと年上)の彼氏と付き合いがちですが、渡辺さんは例外。しかし、恋愛対象じゃなくても素敵だと思ったアラフォー男性はいたそうで、なんとそのうちのひとりが我らが干場編集長! 実は2年前の夏、“女性目線で見た男のクールビズスタイル”というテーマで渡辺さんは干場編集長とディスカッションをしたことがあるそうで……。

「とてもお洒落でスマートな方だと思いました。あんなに日焼けをしてるのに清潔感があるのもさすが。やっぱりお洋服の着こなしに品があるからなんでしょうね」

しかも、その際に渡辺さんは干場編集長がプロデュースしたクールビズ用のポロシャツを大変気に入り、後日「エストネーション」で彼氏のために購入。そのときの彼氏がいまの旦那さまなのであります。なんて幸せな男性! しかも今年の夏もそのポロシャツを着ているそうな!


そんな旦那さまとの結婚生活では、平日は一日3回(朝食、お弁当、夕食)食事を作っているそう。

「実家住まいだったこともあり、もともとはあまり作らなかったんですが、結婚を機に料理教室に通いました。いまではレシピサイトやキューピーの3分クッキングを見たりして、毎日違うメニューを作っていますよ。疲れると思うこともあるけど慣れました。それに褒められるとやっぱり嬉しいですし。でも、お弁当はチャーハンとかオムライスなど、ガツンとした炭水化物の料理で手抜きすることもありますよ(笑)」

そうして週末は外食デートをしたり、一緒に愛犬、桃太郎(ポメラニアン)の散歩をしたり。羨ましい話ですが、何度か飲み会に行き、それでもなかなかピンとこず、諦めかけたときにやっといまの旦那さまと出会ったそう。継続はチカラなり。



本日の装いのテーマは、“大人のレジャー”。ドライブが好きだそうですが、いまの旦那さまも含め、これまでクルマを持っている男性とつき合ったことはないそうです。

「ドライブデートはレンタカーかカーシェア。それでも楽しいですよ(笑)。でも、アラフォーになったらいいクルマは持ってほしいかな。特にこれがいいというのはないですが、その人のキャラクターに合ったクルマでいて欲しいです。それでのんびり温泉に行ったり、鎌倉めぐりをしてみたいですね」

個人的には“美人カーシェア妻”というのがツボ。渡辺さんにはTimesのカーシェアの広告に出演してほしいほどです。しかしきっと、いまの旦那さまが将来クルマを買って、その助手席に座る姿が絵になることも間違いなし。美女とクルマについてのロマン(妄想)は尽きませんね!

Text:Tomoko Oishi
Photo:Mitsutoshi Wtanabe



【プロフィール】
渡辺真由子さん
東京都出身。大学卒業後、美容関係のOLとして務め、現在はフリーランスのPRに。PRするブランドのうちのひとつ「マリエン薬局」はドイツのメディカルハーブティーのブランドで、男性から女性へのプレゼントにおすすめとか。 体調別にさまざまなフレーバーがあり、お見舞いの手土産としても最適。
http://www.marienremedy.com

【関連記事】

 

 

 

【連載】元ミスソフィアが行司
週代わり“美女相撲”
彼女にそそられたら「いいね!」を押してね
vol.3 看護師・石上智恵子さん



 


【連載】元ミスソフィアが行司
週代わり“美女相撲”
彼女にそそられたら「いいね!」を押してね
vol.5 カラー&イメージコンサルタント・中島有美さん

彼女にそそられたら「いいね!」を押してね

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP