Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

連載「魁、干場塾!」
第13回  干場の髪型遍歴に見るファッションの移り変わり 前編

2015.7.29
2015.7.29

ギャップがモテる!?  意外な女性心理を髪型で解く

34歳、只今イケフォー見習い中の編集部員サトシーノが小誌編集長の干場(ほしば)のコーディネートを徹底解剖! 第13回目は、イケフォーに似合う髪型と、女性心を掴む髪型テクニックついて聞いてみました。

干場「お前、その髪型なんて言ってオーダーしたんだよ(笑)。パーマかかり過ぎで似合ってないよ。もったいない!」

サトシーノ「やっぱり......(涙)。おかしいっすか!? モテるのかな~って思って......。パーマで刈り上げてくださいって! オーダーしたらこうっすよ! 間違ってはないでしょ?」

干場「なんだ、そのざっくりしたオーダー(笑)。それは美容師さんが悪いんじゃないよ。そりゃあそうなるよ。例えばさ、イメージにしたい写真を切り抜いて持って行くとか、スマフォでなりたい髪型の画像を見せるとか、いくらでもやり方あるじゃん!」

サトシーノ「なるほどですね。そうすればいいんだ~。ちなみに干場さんは、どうしてるんですか?」



干場「俺は昔からちゃんと自分が髪切る時は細かくオーダーしてるよ。仕上がりの絵も書いてちゃんとイメージを使えるんだ」

サトシーノ「えー! 絵に書いて説明するんですか?  凄いっすね~。それって、いつ頃からですか??」



干場「13才の時からずっとだな。18歳の時からイタリア人になりたくなって、アルマーニの広告写真を見せたり、イタリア人の横顔をイメージした立体的な髪型を意識して紙に書いてオーダーしてた。だからカウンセリングノートが俺の分だけ、超分厚いのよ(笑)」

サトシーノ「なるほど~! 干場さん、今と違って昔は大分ロン毛だったじゃないっすか? 何で切っちゃったんですか? 似合ってたけどな~」

 

干場「『LEON』とか『オーシャンズ』とかの編集部にいた頃から、自分の好きなスタイルは変わらないんだ。基本的に、シンプルでベーシックなものが好き。例えば、白シャツにデニムみたいなね。でもさ、その時って、中身がまだ出来ていないからさ、何かで補わなければ間持ち(まもち)がしなかったんだよ。だから、髪の毛をミディアムヘアにして、ちょっと色っぽさを足していたんだよ。もっと言えば、若い頃は顔が幼い分、長髪にヒゲはやして色気を足すって感じだったのかな......。でも40代になって仕事着は、基本スーツになった。企業のトップに会うことも増えたし、人前で大きなプレゼンすることも増えた。そういうときに、ロン毛だとチャラチャラして見えるだろ。あと、仕事出来なさそうに見えるし。だから、思い切って切ったんだよ」

サトシーノ「なるほどな~。ロン毛も格好良かったんですけどね~。ちなみに影響を受けた人とかっているんですか?」

今日はここまで!
干場が髪を切るきっかけになったイタリアでのエピソードが明らかに!?
後編はこちら!

Text:Satoshi Nakamoto 

【関連記事】

 

 


 
連載「魁、干場塾!」
第12回 干場流ホワイトショートパンツの穿きこなし方 後編

 




 

連載「魁、干場塾!」
第14回 エストネーションで買い物編 前編

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP