TOP > COLUMN > 九島辰也のCAR STYLE
FASHION ー 九島辰也の CAR STYLE

九島辰也の CAR STYLE

イケてるクルマ選び 略して“イケクル”
第3回 新ブランド「DS(ディーエス)」

2015.7.28
2015.7.28

新しい高級フランス車が
いま立ち上がろうとしています!

モータージャーナリスト九島辰也が、イケフォーへ向けたクルマ選びを提案する連載。格好よくて、走りがいいだけではない、ミドルエイジのライフスタイルをより楽しく、豊かにするクルマ生活を当連載では考えています。題して、「イケてるクルマ選び(略してイケクル)」。

第3回となる今回は、日本でもカルト的人気をもつシトロエンDS19。そんな名車を起源にもつ現行DSシリーズがなんと単独のブランドになりました! パリ現地取材のホットニュースをどうぞ。

エッフェル塔をバックにオリジナルDSと著者。

21世紀のいま、新しいカーブランドが立ち上がったのをご存知でしょうか。その名は“DS(ディーエス)”。そもそもはシトロエンのいちモデル。それが独立し、プジョーとシトロエンを所有するPSAグループの3番目のブランドとなりました。

新ブランド「DS」のエンブレム。



じつは彼らは昨年6月にそんなニュースリリースを発表しています。なので、フランス車に詳しい方は知っていたかもしれません。が、それを大々的にお披露目したのは今年の5月。パリにて大きなイベントがあるというので足を運んびました……。

DSウィークと名付けられたそのイベントは、文字通り一週間行われました。パリ1区のチュイルニー公園に大きなパビリオンを設置したり、郊外のサーキットに人を集めたりしました。そして最終日にはシャンゼリゼ通りをパレードしたのだから恐れ入ります。市を巻き込んでの大イベントなのです。

もちろん、クルマはまだラインナップされていません。当然です。生まれたばかりのブランドなのですから。が、その名前からわかるように、起源は1955年にリリースされ話題となったDS19。よってそれとその後継DS21、それから現行のシトロエンDSシリーズが今回の主役となったのでした。

世界中で、シトロエンDSの人気はいまでも高い。



ちなみに、この現行DSシリーズがまずはシトロエンから独立してDSブランドを構築。具体的にいえば、DS5/DS4/DS3。イベントでは今後6モデルに増やすとアナウンスされました。

DS3。

 

DS5。



そんな新ブランドのコンセプトは「高級フランス車の復活」。その意味では興味津々の方も多いことでしょう。ドイツ勢の躍進はすばらしいが、少し違った路線も考えたいところ。その意味ではオシャレでエスプリの効いたフランス車はバッチリ! フランス好きのウィットに富んだ大人には是非注目していただきたい。

それを象徴するのはアメリカの連続TVドラマ「メンタリスト」でのDSの使われ方。主人公パトリック?ジェーンが愛用していました。彼のキャラにピッタリ。ジェントルでユーモアがあってスマートな彼とDSの組み合わせが、新ブランドの未来を占っていると言えそうです。

Text:Tatsuya Kushima

九島辰也
モータージャーナリスト兼コラムニスト/日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員/2014-2015日本カーオブザイヤー選考委員/日本ボートオブザイヤー選考委員/(社)日本葉巻協会会員http://www.tatsuyakushima.com/index.html



【問い合わせ】
シトロエン コール
0120-55-4106
http://www.citroen.jp/


【動画】
DSウイーク用に作成されたショートムービーもお楽しみください!

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO