Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
WOMAN

【連載】ダメ男がイケフォーになるまでの課外授業
「教えて、お姉さま!」
第1回目の先生 保木久美子さん 後編

2015.6.29

『FORZA STYLE』の唱えるイケフォー(イケてる40男)になりたい34歳の編集部員サトシーノ。美女はやっぱりイイ男を知っている!との噂を聞き……「女の本音」を聞き出して学ぶコーナーです! さてさて、サトシーノ、どんなダメ出しを喰らうのか!? 前編はこちら!

第1回目のゲストは……。船旅の素晴らしさをお伝えするクルーズコンシェルジュとして、またTOKYO FMのラジオ番組『SEIKO ASTRON presents Wolrd Cruise』のパーソナリティとして、また大人の女性に提案する上質な洋服『STELLA.K(ステラK)』のクリエイティブディレクターとして活躍する保木 久美子さんです。


前編では、世界中をクルーズ船で旅して、沢山のクリエイティブでジェントルな方々を見て感じた「真のオトコ」について語っていただきました。今回は、その後編。テーマはずばり「恋愛」についてです。いいオトコになるにはどんな恋愛をするべきなのか。じっくり聞いてみました。

サトシーノ「久美子さん、ズバリお聞きしますが……。イイ男ってどんな恋愛してると思いますか?」

保木さん「そーねー。パーティに行けばわかるわね」

サトシーノ「パーティ??っすか? ドレスアップして行くパーティのことですか?」

保木さん「そう、パーティって基本女性をエスコートするの。誰と一緒に行くかで、その男の『イイ男度』がわかるわ。イイ男っていうのはね、イイ女がそばにいるものなのよ。だから、一緒にいる女性を見ればその男の力量がわかるのよ」

サトシーノ「おお! 早速、核心的な解答が返ってきましたね。ちょっと深く聞いても良いですか? じゃあ、具体的にどんな女性?」

保木さん「簡単に言うと……。男に恥をかかせない女性。外では、一歩引いて男を立てられるのがイイ女なの。よく干場編集長は、グローバルな男性になるんだったらレディファースト。女性が優先って言ってくれるけれど……。それも大事なことではあるんだけど、実は逆でいいの。女性が男を立てている絵が美しいのよ。外国の事例を見ていてもそうでしょ。イイ女は、イイ男を立てている。一流のエスコートを受ける女性は、受ける時のマナーをしっかりわかっている。要は、お互いにリスペクトできるってことが大切なポイント。女性も男性もお互いのリスペクトによって磨かれるものなのよ」

サトシーノ「流石ですね!! イイ男にはイイ女がついている説の、説得力あるお話です! 久美子さんなんてまさにその鏡ですよね。そんな久美子さんが思う一緒に居たいって思うイイ男の条件って他にありますか?」


保木さん「う~ん、そうね……。まず、横柄な人は嫌い。いるじゃない? お店とかで偉そうな態度とったりするお金持ちとか。フェラーリ乗ってようが、どんなにお金を持ってようが、そういう男は奥行きが無いように見える。謙虚な姿勢が大事なの。志は高く、腰は低く……。そんな男性が魅力的ね」

サトシーノ「まさに女の本音……。厳しい意見ですね~。男って、女の人の前じゃ見栄張っちゃうじゃないですか? いいところを見せようと頑張るし、ソレってだめなんですか?」

保木さん「要は見せ方よ。威張ったっていい男には見えないわ。イイ男っていうのは、強くて優しいの。その優しさっていうのは、多くの経験から得た余裕のことなの。だから、多くの経験値が必要ってことね。そう思うと、40代でイイ男なんてまだまだ少ないわね。50代になってからじゃない? 本当にイイ男になるっていうのは」

サトシーノ「マジっすか!? 聞けば聞くほど、イイ男から遠ざかっていく~(涙)」

保木さん「アハハ、仕方ないわ。サトシーノ、良いこと教えてあげる。人生っていうのは、75歳まで生きたとしたら、3部作なのよ。25歳までが学び。で、そこから50歳までが経験。そして、75歳、つまり3部作の最後の25年間で、経験値を上げた自分にポリッシュをかけて磨きあげるのよ。人生において最高に輝ける時。だから、人って見た目は老いていくのだけれど、実際中身は成熟し、輝きを増すのよ」

サトシーノ「むっちゃいい話っすね! うわ、俺そう考えたら……。男として、バリバリ経験積む時期真っ只中じゃないっすか!?」

保木さん「そうよ、あなたは10年後に干場さんのようになりたいなら今、沢山の努力と経験を積んで、失敗も沢山して……。人間力を高めるのよ。人生はね、82年だとしたら30000日しかないのよ。残された日数を誰と一緒にディナーしたり、過ごしたりするかって本当に大切なことなの。無駄にしちゃダメよ。だから、まだまだいろんな人に出会って、色んな恋愛をして、男を磨きなさい」

サトシーノ「そっか~30000日ってもう残りはあと半分なんですね。1日、1日を大切にしなきゃ、後悔しますね」

保木さん「何したって、失敗したって大切に生きれば、それは後悔する必要はないわ。経験なのよ。だから何もアクションを起こさないより、起こしたほうが素敵なことよ。若いんだから、恐れず突っ張りなさい。経験を積まないと、いざって時に立ち振る舞えないの。男は、そんな予期せぬ事が起きた時に素早く対応できる『いざ力』が必要なのよ。アタフタしてちゃみっともない!」

サトシーノ「うわ~、またまた耳が痛いっす……。『いざ力』か~。身につけなきゃな~。ゴキブリ出ただけで、アタフタしてるようじゃダメだな(笑)」


保木さん「あとね、もうひとつだけ。一緒にいて、居心地のいい人。これはフィーリングもあるけれど、価値観が同じだと嬉しいじゃない? 服の趣味が合うとか、食べ物が同じもの好きだったり。そういう居心地の良さって年が離れてるとか、関係なくて必要な要素ね。サトシーノだって、服の話とか合う彼女とかのがいいでしょ? そういうことよ」

サトシーノ「ですね~。居心地の良さは俺も第一条件かも。キレイな人でも、居心地悪かったら……。1日も一緒にいれないかも(笑)」

保木さん「まあ、そういうことよ。色々話飛んじゃったけど、サトシーノの為にキツめに言っちゃたけど、私もイイ男に出逢いたいし、素敵な女でいられるよう日々勉強中なの…」

サトシーノ「よくわかりました! 久美子さん見てると……。女性を見る目が肥えちゃって……。ダメっすね」

保木さん「何言ってるの~、素敵な女性をいつでもエスコートできるように、ちゃんとピシっとしなさいよ~!」

サトシーノ「はい。イイ男の道は、1日にしてならず。よし、頑張るぞ~!!」

Photo,Text:Satoshi Nakamoto

【プロフィール】
保木久美子 Yasuki Kumiko
東京生まれ。慶應義塾大学卒業。

東京FMラジオ番組「SEIKO ASTRON presents WORLD CRUISE」(毎週土曜日12:00〜)にクルーズコンシェルジュとしてレギュラー出演中。
http://www.tfm.co.jp/cruise/index.php

「STELLA★K(ステラ★K)」のクリエイティブディレクター。
http://www.stella-k.jp

ウェブマガジン「WORLD CRUISE」スーパーバイザー。
http://shop.tfm.co.jp/worldcruise/

【関連記事】

【連載】ダメ男がイケフォーになるまでの課外授業「教えて、お姉さま!」
第1回目の先生 保木久美子さん 前編



 


【インタビュー動画】編集長・干場が突撃取材
TOKYO MUSE 来場者インタビュー <前編>

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP