Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
LIFESTYLE

FORZA STYLE×東京カレンダー
コラボ連載企画
ホッシーの衣・食・同・源
第3回:続・最新のイタリアンバルで旧友と男飲み!

2015.7.1
2015.7.1

とっておきのパンツとシューズについて

 食べる物やレストランにはこだわるのにも関わらず、その場に相応しくない装いをしているのは、大人の男性としてスマートとは言えません。この「東京カレン ダー」との連載では、ホッシーこと、弊誌編集長干場義雅に「こういう場合、何を着て行ったらいいのか?」という東京カレンダー編集部からの質問にお答えします。

ということで前回読んで頂いた方には、男同士飲みというものが、女子会みたいに最後まで爽やかには終わらない! で、この後の展開がもろバレだったようで……(笑)。大変失礼いたしました。ということで前回の続き。干場流のお洒落の㊙テクのお話なんすが、今回は、パンツと靴のお話しであります。

昔から自分の好みはあんまり変わらないのですが……。とにかくグレーパンツが大好物なんですよね〜。もう、18歳の頃から穿いております。最初に買ったのは、僕がビームスでアルバイトをしている頃。ビームスFで買いました。当時はインプリーツのものなんかがあったりして、白や水色のシャツなんかとキレイ目に着ていました。今と変わらないんですよね、基本スタイルは……。ベースがトラッドなのであります。で、ドン君(大槻編集長)は、当然そんな部分も知っているので、今回もグレーパンツで。店内が暗いから、初見では「あ、ホッシー、いつものグレーパンツね」で終わると思うんですが……。ワインが1本空き、2本空き、さらに強めのアルコールが入り目が慣れてくると、「ニョニョニョ? 普通のグレーのパンツじゃないニョ! 右と左のデザインも違うし、どうなってるのかニャ?」となってくる(笑)。この辺も計算済みな訳です。ある意味「ホッシー忍法、目眩ましの術」。

さらにダメ押しで足元を見た瞬間に、今の気分にドンピシャな靴をチョイスしておき「気になって気になってしょうがない」状態に追い込む。オネーチャンの店に行っても、まだ真相は明かさず……、さらにもう1軒行って、今夜の反省会をしているときに「今日、穿いてるパンツと靴どこの?」と聞かれるタイミングを待って、一気に釣り上げる(笑)。まさに、いろいろな部分に撒いておきた「撒き餌」が最後に効果を発揮するのです。これで僕の勝ち!(笑)←何の勝負をしているか!? って感じですが、男同士には、こういう駆け引きが必要なんですね。

ちなみに詳細のお話を。このパンツは、ブルネロ クチネリのヘリコプターパンツ。サマーウールのグレーパンツでありながら、いろいろな部分にポケットがついていて、左右非対称のデザインになっているのがキモ。これにより、コンサバなネイビージャケットを着ていても、ちょっとした違和感が生まれるのです。さらに右から見た時と、左から見た時とが違うので「キャー、これ右と左が違う!」とオネーチャンのウケも絶大! 1本あると使えるので、僕は秋冬用も買いました。ポイントとしては、裾の処理は、ダブルに見えますが、そのままの切りっぱなしにして、それをロールアップしている点。こうすることで、こなれ感が出るのです。ちなみにですが、裾幅は16.5cmにお直ししています。なぜかは? 足元に、ちょっとボリュームある写真の靴を合わせたかったからです。

足元に合わせた靴は、ご存知の方はまだ少ないかもしれませんが、この4月にローンチした、ファッションディレクターの僕とシューズデザイナーの坪内浩さんと立ち上げた新しい靴のブランド「WH(ダブルエイチ)」。この詳細に関しては、『FORZA STYLE』を読んでいただきたいのですが……。簡単に言えば、クラシックで重厚な見た目からは想像出来ないほど軽く、スニーカーのような履き心地ということ。木型(ラスト)は、イマドキの細みのパンツに似合う“やや長ラウンドトゥ”。超軽量で厚めのビブラムソールを採用しているから、クッション性の高い履き心地はもちろん、スタイルがよく見える脚長効果もあるというものなのです。伊勢丹メンズ館やバーニーズ ニューヨークで扱っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ということで参考になったかどうかは別として、久々の男同士の飲みには、ぜひとも男同士ならではの勝負してみてください。童心に返って、あの頃の話をしつつ、お酒を飲むのも楽しいものですよ!

それでは、今回はこの辺で。

Photo: Ryohei Watanabe
Text: Yoshimasa Hoshiba
 

干場義正(ほしばよしまさ )
「FORZA STYLE」編集長/ファッションディレクター
雑誌「LEON」の創刊に参画し、“モテるオヤジ”や“ちょいワル”ブームの立役者としてヒット企画を手掛ける。独立後は、新聞、テレビ、雑誌、ラジオ、イベント、ブランドプロデュースなど、その活動はメディアの枠を越えて多岐に及ぶ。2015年に「FORZA STYLE」の編集長に就任。
大槻篤(おおつきあつし)
「東京カレンダー」編集長
「LEON」をはじめ「GQ japan」などの編集部に在籍した後、2013年から「東京カレンダー」の編集長を務める。ファッション、腕時計等などに造詣が深く、それらの要素を積極的に取り入れ、リニューアルさせた「東京カレンダー」は評価も高く、新規の読者を多数獲得する。趣味は13年続けているというサーフィン。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP