Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
LIFESTYLE

イギリスを代表するデザイナー
トム・ディクソンのオンリーショップがオープン

2015.6.25
2015.6.25

家具から照明、ホームフレグランスまで揃う
日本初の「TOM DIXON SHOP」

美しいフォルムや質感を売りにしている商品でも、実物に触れてみるとその"本物度"は少なからず計り知れるものです。見た目や宣伝文句に惑わされず中身の伴うモノを選ぶためは、より多くのモノに触れてみる経験値だって必要なのです。"上質を選べること"も、知的なオトナの条件、イケフォーの条件なのであります。

そんな"上質なものに囲まれる暮らし欲"をきっと満たしてくれるであろう"本物と触れ合う場"が、2015年7月17日、東京・青山に誕生します。それが、イギリスのインテリアブランド「TOM DIXON」であります。今回、日本に本格上陸となる同ショップでは、照明、ファニチャー、ホームアクセサリーからフレグランスに至るまで幅広い商品が展開予定されているとのこと。

Tom Dixonワールドを体験できる店舗はデザイン好きならば一見の価値ありでしょう!

吹きガラスの熱さが伝わるような「Melt copper light」(¥150,000+Tax)や17世紀の伝統的なイギリス家具を21世紀調にアレンジした「Wing back chair」の最新作の印象的なブルーの張り地に銅色の脚のタイプのモデルなど、有機的なフォルムを固体にしたようなデザインは、間近で見て一度は触れてみたくなるアイテム! (↓画像)トム・ディクソン氏自身がプロデュースしたという、ブランドの世界観に満たされた空間をぜひ体感したいものです。

「Melt copper light」と「Wing back chair」はいまのTom Dixonを代表するアイテム
ルームフレグランス「Scent Element」のサイズは3タイプ。

主宰のトム・ディクソン氏は、2002年にブランドをスタートさせてから一貫して一点モノのアート作品のような存在感を放つプロダクトを数々発表。代表作のひとつである「S チェア」は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションに選ばれるなど、モダン・ブリティッシュデザインを牽引する世界的なデザイナーとなりました。

最近では、ロンドンのハロッズ内にある「Sandwich By Tom Dixon」の内装や建築デザイン、ロンドンにオープンしたモンドリアン・ホテルの総合デザイン監修などを手掛け、現在も数々のプロジェクトを世界中で進行しているのだそう。その功績は国家レベルで認められており、2000年には大英勲章を受勲、2014年には欧州のライフスタイル見本市では最大の規模を誇る「MAISON&OBJET(メゾン・エ・オブジェ)」のデザイナー・オブ・イヤーに選ばれているのだとか。

「TOM DIXON」主宰 トム・ディクソン氏

作品のひとつひとつを見て周り、展示会からアート作品を持ち帰るような贅沢な買い物が体験できそうなショップになりそうですね。これは一見の価値あり、クリエイティブなアイディアが欲しい時にもふらりと立ち寄ってみたいショップになること間違いなしです!

Text:Yuko Kitamoto

TOM DIXON SHOP
営業時間:11:00~19:00(定休水曜)
東京都渋谷区渋谷2-1-13 売り場面積約50坪
03-5778-3282(2015年7月17日より)
http://www.tomdixon.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP