Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

ベンツ、BMW、アウディに飽き足らぬご同輩、
イギリスの新しいクルマがありますぞ

2015.5.26
2015.5.26

ドイツ・プレミアム御三家に挑むジャガーのミッドサイズ・サルーン、XE

自動車の世界において、ドイツ・プレミアム御三家といえば……。メルセデス・ベンツ、BMW、そしてアウディ。1980年代に出現した世界中の「ヤッピー」、若くて都会に住んでいる、医者とか弁護士などの職業人たちが、40代、あるいはそれ以上になっても、相変わらず好んでいるのがこの3ブランドであります。

我が日本国における輸入車の販売台数の統計を見ても、今年1〜3月で一番売れたのはフォルクスワーゲン・ゴルフで8386台、2位がメルセデス・ベンツCクラスで7082台。今のCクラスは昨年上陸したばかりですから、勢いがあります。ゴルフは264万円からですけど、Cクラスは427万円から。ま、こんなお値段の輸入車がこれだけ売れるのですから、アベノミクスも実体がないわけでも……。

3位にミニ、4位にフォルクスワーゲン・ポロをはさんで、5位にBMW3シリーズが3382台。現行3シリーズは発売して今年で4年目ですから、そろそろマイナーチェンジの時期を迎えています。ドイツ車のモデルチェンジは7年、その中間の年にエンジンその他に手を入れて、フェイスリフトします。フェイスリフトというのは、文字通り顔を持ち上げるわけですのよ、ホホホ。

現在のトレンドセッターと位置づけられているアウディのA4は、07年の発表ですから、今年のフランクフルト自動車ショウには新型が姿を現すはず。相変わらずスタイリッシュなので、デザインはおそらくそのまま、中身を大幅にブラッシュアップしてくると予想されます。プラグイン・ハイブリッドも、もちろんあります。

そんなドイツ・プレミアムに敢然と挑むのが大英帝国のジャギュアです。日本での表記は「ジャガー」ですけど、イギリス人の発音はジャギュア。故・小林彰太郎さんの前で「ジャギュア」といったら、「発音がいいな」と褒められました(笑) 現在はインドのタタという一大コンツェルンのもとにあります。かつてのマスターをインド人が従えているのか、それともイギリス人がインド人のお金を使って好きなことをやっているのか……。

その昔、ジャガーがまだフォード、つまりアメリカ人の傘下にあったころ「親会社のフォードはどんな存在ですか?」とコベントリーにあるジャガーの本社で質問したことがあります。「銀行家」とそのジャガーの人はポツリと答えました。超然たる態度が笑いというものを生み出します。

Cクラス、3シリーズ、A4のマーケットに挑む大英帝国の息子、それがジャガーXEです。かつてジャガーにはXタイプというクルマがありましたが、これ、中身はフォードで、エンジン横置きの前輪駆動でした。それをいかにもジャガーっぽい内外装に着替えさせて売り出したのです。ジャガー熱烈愛好家からはそれなりに支持されたのですが、商業的に見れば失敗に終わりました。

ところが、今度のXEは違います。あらかじめ多様な車種に応用できるプラットフォーム、いわゆる車台を新たに開発し、後輪駆動(あるいは後輪駆動ベースの4輪駆動)のミッドサイズ・サルーンとして登場しました。同じプラットフォームを使う、ひとつ上のクラスのXFとか、クロスオーバーも控えています。旗艦のXJ同様、アルミニウムを多用したボディは、航空宇宙産業の技術を応用し、溶接ではなくて接着剤でくっつけられたりしています。軽量で強靭、というのがウリです。

XEの日本での受注ですが、実はワールド・デビューと時を同じくして、昨年10月から始まっています。第1弾とされたのが「XE FIRST EDITION」と名づけられた400台の限定車で、ボディ色は白、黒、グレーの3種のみ。パワートレインは、2リッターの直列4気筒ターボと8速オートマチックの組み合わせです。全長4672㎜、ホイールベース2835㎜ですから、Cクラスと同じぐらいの大きさです。最高出力200psと最大トルク280Nmで、車重がCクラスより軽く仕上っています。レザーシートが標準で価格は558万8000円。いかにもジャギュアらしい身のこなしを見せてくれることでしょう。

「XE ADVANTAGE EDITION」というのも本年1月に追加になっています。先行発売する限定モデル第2弾、200台が投入されます。ボディ色にブルーと赤も加わって、こちらは全5色。価格は装備が若干簡略化されて488万円。2015年はジェントルマンでいきたいものですなぁ、ご同輩。って山口 瞳か。納車は今夏ごろから始まります。

Text:Naoki Imao

【問い合わせ】
ジャガー
http://www.jaguar.co.jp/

【関連記事】






電気自動車のロンドン・タクシー、
ただいまテスト中!






英国のサラブレッド、アストンマーティンのコンセプトカー
「DBXコンセプト」

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP