Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN

FORZA STYLE×東京カレンダー
コラボ連載企画
ホッシーの衣・食・同・源
第2回:続・最新のイタリアンバルで旧友と男飲み!

2015.5.20
2015.5.20

干場流ジレとサングラスの活用術!

食べる物やレストランにはこだわるのにも関わらず、その場に相応しくない装いをしているのは、大人の男性としてスマートとは言えません。この「東京カレン ダー」との連載では、ホッシーこと、弊誌編集長干場義雅に「こういう場合、何を着て行ったらいいのか?」という東京カレンダー編集部からの質問にお答えします。

ということで前回の続きなんですが……。なんだか、このコラボ企画、全然想定していなかったのですが、意外にも業界関係者に読んでいる方がいらっしゃるようで……。関係各所で、「結局、この後オネーチャン系の店に行ったんでしょ? で、どこ行ったの?」とか「干場さん、オネーチャン系の店とか行くんですね~」とか「どこ? あっ!恵比寿でしょ」、「二回目の原稿いつなの?」というヒドイ突っ込まれようで(笑)。うかつに、いろんなこと書けないなぁ~とか思っているのですが。

ま、男ですからね。16歳の高校1年生の頃から知ってる旧知の仲の同級生ともなれば、お互いが付き合ってきた彼女の2~3人ぐらいは普通に知っているわけで……。もちろん、この場でも、オフレコでも絶対に腹の中にしまっておきますが(笑) オネーチャン系の店行ったって、お互いの手の内もバレているので、そんな破滅的な遊び方はもうしなくなっているのであります。

前回にも書いた通り、旧知の仲っていうことは、お互いのスタイルは、当然、昔から知り過ぎているにもほどがあるわけで……。だから、逆に、この日だけカッコつけているのがバレると、浮足立って見えてサムイんですね。「お前どうしたの? そんな格好して」みたいな感じになりますから。だから、ある意味、「昔からお互い変わんないよね~」みたいなスタイルの方がベターなんです。で、お洒落な中目黒の新スポット、しかもイタリアンバル、しかもその後の展開がありそう!?的な店を選んできたからこその、干場流のお洒落の㊙テクのお話なんですが……。

なんてことない、ベストであります。イタリア語で言う「ジレ」っていうやつですね。これがあると、リラックスしてきたときに上着を脱いでも、なんとなく様になるんです。3ピーススーツの上着を脱いだ時に貫録が出るのと一緒の感覚。それから、実に好都合なこともあって。オヤジになると、気になるのがお腹なんですが……。美味しくて食べ過ぎたときでも、このベストのおかげで、さほど目立たないんです。イタリアでは、今、ベスト(ジレ)のブームが来ていますが、大食漢なイタリア男だからこその㊙アイテムでもあるのかもしれませんね。キモは、ジャケットと同じネイビー色でも、コットン素材で色落ちがしているものを選んでいるってこと。こうすることで、かた過ぎず、ちょっとカジュアルでこなれた印象に見えるのです。

そして次のテクは、アイウェア。このメガネっていうのが、実に有効的で。2軒目、3軒目に行くに従って、これがあるとカモフラージュになるわけです。

当然、男同士なんで、お酒も“しこたま”飲むわけですが、ともすると気を抜いてしまっているので、バレないようにしていても「もしかして干場さんですか?」とか声かけられる。だから、そういう時のためにコヤツがあるんです。ちなみに、モスコットというブランドのものなんですが、僕は二本持ち。怪しいお店では、ちょっとグレーの色が入っていて、目が見えにくいもの。普通のお店では、素通しのレンズで、わざと真面目ぶります。

とにかく変装用としても使えるし、最初っからメガネをかけておいて、「女性から、はずしてくださいよ!」と声がかかった時に、はじめて取ってギャップで見せるというワザも出来ちゃうんです。さらに、カラオケスナックとか行くときは、メガネを反対にかけて、友達よりも先にオネーチャンを笑わせるときも使えます。いや~、アイウェアって便利ですね。っていうか、全然、視力矯正用具として使ってない!っていうところが笑えるでしょ。良いんですよ、そんなこと。

メガネは顔の一部である前に、道具なんです。使い倒してナンボ。なんだったら、メニューを見ながら、指の代わりに、メガネのツルを使うときもありますからね。ま、いろいろやってみてください。っていうか、こんな話ばっかり書いていて、大丈夫なのかな? そうそう、3回目の原稿も書かなくちゃ行けないんだった。テレビやラジオ、原稿チェックと、死ぬほど忙しいのですが、次回も頑張って原稿書いてみようかと。それでは、今回はこの辺で。

Photo: Ryohei Watanabe
Text: Yoshimasa Hshiba

干場義雅(ほしばよしまさ )
「FORZA STYLE」編集長/ファッションディレクター
雑誌「LEON」の創刊に参画し、“モテるオヤジ”や“ちょいワル”ブームの立役者としてヒット企画を手掛ける。独立後は、新聞、テレビ、雑誌、ラジオ、イベント、ブランドプロデュースなど、その活動はメディアの枠を越えて多岐に及ぶ。2015年に「FORZA STYLE」の編集長に就任。
大槻篤(おおつきあつし)
「東京カレンダー」編集長
「LEON」をはじめ「GQ japan」などの編集部に在籍した後、2013年から「東京カレンダー」の編集長を務める。ファッション、腕時計等などに造詣が深く、それらの要素を積極的に取り入れ、リニューアルさせた「東京カレンダー」は評価も高く、新規の読者を多数獲得する。趣味は13年続けているというサーフィン。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP