Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN

【連載】 拝啓、40男(イケフォー)諸君。
『最近、映画観てますか?』
Vol.2 “春デートにお役立ち映画3選”

2015.3.27

カレンダーを見てびっくり、もう来週は4月。人間関係に新しい風が吹くこの季節、ON/OFF問わず“はじめまして”の場で困るのは、 春のファッションやアイテムよりも実は”関係性を発展させるネタの仕込み”だったりするものです。そこで今回は、気になるあの子との関係作りに使える「春デートにお役立ち映画」と題して4月公開の新作3選をお届けしたいと思います。

************

▼ウディ・アレン作品は外せないでしょ▼
奔放な美女に翻弄されるのを楽しんで
「マジック・イン・ムーンライト」
【2015年4月11日公開】

Photo: Jack English © 2014 Gravier Productions, Inc

舞台は1920年代の南仏。コリン・ファース演じる世界的マジシャンのスタンリーの元に旧友からある頼みごとが舞い込む。それは、知人の大富豪宅に母子で住み着き始めた胡散臭い美人占い師ソフィの霊能力が本物か見極めてほしいというもの。「誰もが見破れないトリック」に好奇心をそそられたスタンリーは依頼をうけ、そのトリックを暴いてやろうと悪戦苦闘します。美人占い師ソフィの役にはアメイジング・スパイダーマンやバードマンなど話題作出演が目白押しのエマ・ストーン。コケティッシュな魅力、当時のファッション、南仏の景色やJazzyな音楽とどれをとっても彼女の美貌にあつらえたかのよう。敵だとわかっていても美人の策略に翻弄されるのは案外気分がいいものだったりして。ウディ・アレンの作り出す「ザ・おしゃれ」な映画は、ファッション感度の高い女子との鑑賞がおすすめ。

▼賞レース総なめ!とにかく話題作!▼
アカデミー賞では最多4部門受賞
「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
【2015年4月10日公開】

© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

当たり役の“バードマン”として人気俳優となった主人公が、「もうキャラクターに縛られるのはごめんだ」と自分の実力を信じて降板するも、あっという間に 「あの人は今」へ転落。所有するマリブの家を担保にお金を工面し、NYブロードウェーのミュージカルで最後の勝負に出ることに。命を注ぎ込むような気迫は もちろん、もう一度脚光を浴びるため。主人公はマイケル・キートンが演じているのですが、ところどころ「かつて人気のあった自分」「大嫌いな自分」の象徴 のようにバードマンに身を包んだ別人格が、“現実か幻覚か”、自問自答のように主人公に語りかけます。脇を固めるのはエドワード・ノートンやエマ・ス トーン、ナオミ・ワッツといった実力派たち。全編ワンカットのような不思議な感覚を覚える映像に、ドラムスの音……、スタイリッシュさはダントツです。ラストシー ンは絶対に誰かと答え合わせをしたくなるはずなので、ぜひ哲学的な会話を楽しみたいお相手とどうぞ。

▼真実よりも大切なこと▼
新しい季節、知らなかった世界を映画で知る
「グッド‣ライ~いちばん優しい嘘~」
【2015年4月17日公開】

©2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved.

実話をベースにした作品。スーダンの内戦により孤児となった子供を「ロストボーイズ」と呼ぶんだそう。命からがら逃げだし、気の遠くなるような距離を励まし合い守り合いながら難民キャンプまで歩き……、作品前半部分は史実を知ってもらうための構成に。アメリカは難民キャンプで育った3600人の若者たちを全米各地で受け入れていて、物語後半はこのアメリカにやってきてからのことを描いています。リース・ウィザースプーンが職業紹介の職員役として彼らの世話をするのですが、スーダンから到着したばかりの彼らは、電話を見ても冷蔵庫を見ても「一体これはなに?」状態なんです。日常生活に慣れた上で就職させるという、ハードルの高いミッションの中、いい感じに友情がはぐくまれていくんですね。テンポもセンスも笑いもあって、グッと見入ってしまいます。彼らの様に自己犠牲をもいとわない勇敢な嘘、とまではいかなくても「嘘」というテーマはとってもスリリングな駆け引きにも使えそう……。かなり高度なワザかしら (苦笑)

************

どれを観ようか迷ってしまったFORZA読者のみなさんには、前回と同じく女性のタイプ別で3作品のおさらいを。「マジック・イン・ムーンライト」は可愛いものに目がないお洒落女子と。「バードマン」は哲学的な事にも関心の高い知的女子と。「グッド・ライ」は駆け引きを楽しみたいまだまだこれからのお相手と。さぁ、お花見を口実に“春のアソビ計画”してみませんか?

Text:DJ AIKO62
Arrange:media closet

【作品情報】(掲載順)
「マジック・イン・ムーンライト」
2015年4月11日(土) 新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか、全国ロードショー
配給:ロングライド 提供:KADOKAWA、ロングライド
監督&脚本:ウディ・アレン
出演:コリン・ファース、エマ・ストーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン
www.magicinmoonlight.jp/

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
2015年4月10日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
脚本:アレハンドロ・G・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr、アルマンド・ボー
出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズボロー、エイミー・ライア、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ
www.foxmovies-jp.com/birdman/

「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」
▶2015年4月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
監督:フィリップ・ファラルドー
脚本:マーガレット・ネイグル
出演:リース・ウィザースプーン、アーノルド・オーチェン、ゲール・ドゥエイニー、エマニュエル・ジャル、コリー・ストール
www.goodlie.jp/

筆者:DJ AIKO62 プロフィール
平日毎日1本(!)映画レビューを書きつづける映画ラジオDJ。
サプリのような感覚で、今見るべき【おススメ映画3選】をご紹介。

【バックナンバー】
Vol.1 ホワイトデーに“あの子と見たい映画3選”


【関連記事】






あえて困難な道にダイブする40男に惚れる
ドキュメンタリー映画『ディオールと私』【動画あり】






40代からの夢の叶えかた教えます!
映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP