Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

極め付けなら……
Ferrari488GTB

2015.2.21
2015.2.21

話題の新型車が遂にベールを剥いだ!

「過激なパワーは、過激なドライビングスリルのために……」という40代男子、いや、何歳であろうと、そんなそそる文言とともに、さる2月3日に発表されたのが、フェラーリ458Italiaの後継モデル、Ferrari488GTBであります。フォルツァ世代にとって、最高の上がりクルマといえばフェラーリ。中でも、458というのは「プランシング・ホース(跳ね馬)」の主力モデルであるミドシップV8系のスーパーカーを指します。4.5リッターのV型8気筒。ということで458なのであります。

そんな今度の488は、エンジンを4.5リッターから3.9リッターに縮小して、ターボチャージャーで武装。最近の自動車界のトレンドである排気量のダウンサイジングを、スーパーカーのキングであるフェラーリ様でさえ取り入れなければならない、そんな時代になっているわけです。488とは、488×8=3904、そう、1気筒あたりの排気量を示します。創業者エンツォの時代にさかのぼる、伝統に則したネーミングなのです。

小排気量化とはいえ、最高出力は670馬力。最大トルクは760Nmという過激ぶり(笑)。458の自然吸気V8より100馬力も一気にアップしているのです。最高速度は330㎞/hを豪語。とても、とても速いです。F-1と、われらが小林可夢偉もステアリングを握った耐久レース用のクルマからの経験、さらにフェラーリのアマチュアドライバーたちからフィードバックしたデータをもとに開発されています。電子制御システムが強みのひとつで、レースカーに見劣りしない、レーザー・シャープなレスポンス時間。

実車が公衆の前に姿を現すのは、3月のジュネーヴショーです。写真公開のみの現時点での驚愕は、やっぱりその過激なデザインでしょう。イタリアのフェラーリとドイツのポルシェは、ともに馬を象徴とするスポーツカーの名門ブランドです。ポルシェと違って、フェラーリは、ほぼ5年ごとに生まれ変わります。毎回、あの素晴らしくもセクシーな造形をあっさり捨て去り、次の時代へと向かうのです。

新型を見て、あまりの斬新さにいまはもしかしたら、ちょっとヘン、と思っているあなたも、そのうち、なんてカッコいいんだ! と呟くようになります。これこそデザイン大国イタリアのスーパーカー、フェラーリの超絶スゴイところなのです。

Text:Naoki Imao

Ferrari488GTB
サイズ/全長4568×全幅1952×全高12131㎜
エンジン/3902cc V型8気筒直噴DOHCターボ
価格/未発表

【問い合わせ】
フェラーリ カスタマーサービス 0120‐325‐408

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP