Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
TRAVEL

クルーズで行く
「一度は見たい世界の絶景スポット」

VOL.1 「ギリシャ サントーニ島」

2015.2.20

働き盛りの40代にとっては、なかなか馴染みがないかも知れませんが、近年、豪華客船に乗って旅をする「クルーズ」が注目を集めています。飛行機では味わえない優雅な雰囲気がその魅力です。

フォルツァスタイルでは、旅のプロフェッショナルであるクルーズエージェント各社がお勧めする「一度は見たい世界の絶景スポット」を連載でご紹介していきます。

クルーズだから行ける絶景スポット

皆様は、クルーズにどんな印象をお持ちでしょう? 「年配の人が行くもの」、「値段が高そう」、あるいは「船に乗っての移動なんて、寄港地に着くまでにすごく時間がかかりそう」、そんなイメージをお持ちではないでしょうか。だとしたら、それは大きな勘違いです。

最近のクルーズは、飛行機で外国の停泊地まで行き、1週間~10日前後の時間をかけて数ヵ所の寄港地を巡るという「フライ&クルーズ」というのが、一般的なスタイルなのです。

それに船は夜に移動することが多く、活動時間帯は、寄港地で観光名所巡りや買い物を楽しみ、寝ている間に次の場所に移動。そう、クルーズは、ホテルと一緒に移動するようなものなので、ストレスの溜まる荷物の移動もなく、快適にいろいろな土地を巡ることができるのです。しかも、空路・陸路の旅と比較しても大きく値段が変わるわけではありませんし、時には安上がりな場合だってあるのです。

何より、空路や陸路ではアクセスが面倒でも、クルーズだからこそ気軽に行ける日本人にはまだあまり馴染みのない、知られざる絶景スポットが世界には数多く存在します。つまり、多少、旅慣れ、人とはちょっと違った土地に行ってみたいと考えるイケフォーには、まさにうってつけの旅がクルーズといえるのです。

©gettyimages

美しいギリシャの島、サントリーニ

では、旅のプロであるクルーズ・エージェント各社がおすすめするクルーズならではの、一度は見たい絶景スポットを連載でご紹介していきましょう。

推薦していただくのは、リージェント・セブンシーズ・クルーズの代理店・株式会社PTSリージェントオフィスの松住さんです。

「世界の絶景スポットといえば、サントリーニ島です。そこに暮らす人々は、とても素朴でおおらか。エーゲ海を代表する人気寄港地です。エーゲ海の南部、本土から約200キロ離れた場所にあるギリシャ屈指の人気の高い観光地で、島の北側にある街、イアは、『世界一美しい夕陽スポット』とも言われています。」

ここでぜひ見てもらいたいと松住さんが語るのが、断崖に立ち並ぶ白壁と青い屋根を持つ建物が青いエーゲ海に見事にマッチしたコントラストが美しいこの島ならではの景色だとか。その見事な景観から、日本ではテレビのCMなどでもロケ地として使われてきたそうです。カップルで行けば、ロマンティックなムードに浸れ、素敵な思い出になること間違いなしだとか。

快適な旅空間を約束するセブンシーズ・ボイジャー

旅には、クルーズの世界で常に最高峰として高く評価をされているアメリカのマイアミに本社を置くリージェント・セブンシーズ・クルーズ社のフラッグシップであるセブンシーズ・ボイジャーで。全室がバルコニー付のスイートルームで快適な旅を約束してくれます。

今年の秋は、ぜひ断崖絶壁に広がる絶景を見にエーゲ海をクルーズしてみてはいかがでしょうか? 今から船旅を経験しておけば、50代にさしかかった時、磨きのかかったイイ男になること間違いなし!

Text:Koichi Fujimoto

【問い合わせ】
株式会社PTS リージェントオフィス 
03-6863-3576
http://www.pts-cruise.jp/regent/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP